スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は米軍の核弾頭倉庫であるという事実!

日米安保条約の下、日本には米軍により持ち込まれた核兵器があるのではないかという疑惑がかねてよりあったようだが、それが紛れもない事実であると日本国民に理解される時が近づいているようですね。

本日付のジャパンタイムス紙の一面に、外務省のトップクラスOBが、日米安保条約のもと、事前の連絡があれば、核兵器を搭載する飛行機および艦船の日本への立ち寄りを許可するということが極秘事項として了承されているという記事があった。

これまでは、日本国政府は上記のようなことはないと大嘘をついてきたことになるようですね。

一党独裁政治の弊害は、こんな形になっても現れるのでしょうか。

近い内に、本件に関する関係する方々への国会での喚問が予定されるかもしれませんが。

某与党にとっては、ダメをくらうことになりかねないのですが。

仮に、これが事実とすれば、当然、日本国内には米国製核兵器が存在していることになりますが、
そうなると、某仮想敵国の核攻撃を第三次世界大戦にはうける口実となり、最悪占領下におかれるという先の暗い予言でいっているようなことになってしまう恐れもあるのではないのでしょうか。

北朝鮮が核武装をしたがる本当の理由は、日本の在庫核弾頭に関係しているような気もしていますが?。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

グルジア問題の本質とは。

景気は予想通りL字型長期回復であってほしい様相は呈してきた感があります。

平和な時代が続く限りにおいて、この手の心配をしていればすむのでしょうが。

昨年、北京オリンピックの開催直前に起きたグルジア紛争は、現時点でも相互の見解の相違が埋まる気配はないようです。

今回、アフガニスタンにおけるNATO軍への協力を指示するようなコメントがロシア側より出たということは評価すべきことなのかもしれませんが。

NATO加盟国および米国自体にしても、この大不況下で金のかかる戦争への負担はつらいものがあり、今回のロシア側のコメントはポジティブに取られているでしょう。

昔、ランボーがアフガニスタンでソ連軍と戦った映画があったような気がします。
(そのとき、アフガニスタンが覚醒剤で外貨を稼いでいるというシーンもあったと思います。)

一方、イランは大統領選挙の結果で国際的な問題に発展しているようですね。英国大使館員の拘留措置が報じられています。

ロシアには昔から南下政策(クリミア戦争など)と東進政策(日露戦争など)があるようです。

グルジア問題は、その南下政策の伝統を引き継いだものであるのではないかと感じます。

南下を続けると、イランの先には、中近東、イスラエルに到達することになりますが、これがある予言書によると2013年頃とされています。

このとき、第三次世界大戦、いわゆるアルマゲドンが起こるのではないかと予言書は語っているという方もおられます。

日本は、その時、どうなっているかというと、ロシアの東進政策により、サハリン経由で北海道方面に上陸後、本州へ進軍してくるのではないかという予言書もあるようです。
(北の核の脅威は、この段階で現実化する?)

その後、どうなるかは、当該の予言書を見る限りにおいて、人類の三分の二は滅亡するようです。

因みに、第一次世界大戦は、1914年は勃発しましたが、その百年目に当たるのが2013年です。

こういう予言的な話はさておき、グルジア問題は、今後、パレスチナ問題同様に、今後の世界動向判断の重要な材料であることは否めないでしょう。

日本が、世界大戦などには巻き込まれたくはありませんからね。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

キューバのカストロ前議長の予言は当たっていたようです。

米紙によれば、カストロ前議長は、今から26年前、1983年当時、現在起こっている世界的な大不況が起こるとコメントしていたとのこと。

同氏は、資本主義を長年批判してきた経緯はありますが、鋭い先読みであったのは事実。

米国経済は、第一四半期で5.5%縮小した結果となりました。事前予測の5.7%に比べてわずかに良好?

米国での消費性向は、この第一四半期で1.4%改善されているようです。

GDPの観点では、輸出が30.6%減、輸入が36.4%減、住宅を除く投資は37.3%減となっています。

日本も、消費低迷がこのまま続き、本格的なデフレへ突入し、企業収益の改善が進まずに景気回復が遅れるのでは懸念する向きがあります。

その先にあるかもしれないスタグフレーションが起こるともっと厄介な状況になりますね。

最近あるTVで内需での収益拡大が、このデフレでは難しいと判断し外需に期待をかける企業の紹介がありましたが、その道は、自動車メーカーが歩んだような道で、未来は楽観できないかもしれませんね。

税金を使って消費を喚起しても、その効果には限りがあるし、最終的には国民につけが回る訳ですが、将来、大増税になるの避けたいものです。





テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

豚インフルエンザの感染は、まだ止まらない!

今週WHOの報告では、豚インフルエンザの世界的な感染速度が急速に上がっているとのこと。

今週の月曜日時点で、52000人以上が感染し、231人が死亡と報告しており、これは、先週金曜日の時点に対して、感染者が約7800人、死者が51人増加した結果とのこと。

特に米国での感染拡大が大きな要因とされているようです。

もっとも、H1N1は、強毒ではないということで、感染開始初期の防疫体制も現在はなく、感染速度が上がること事態に驚く要素はないかもしれない。

某国内研究所のネット調査では、90%近くの人が秋以降の第2波を懸念しているが、50%以上の人が何も対策する意志がないと報告しているようです。

仮に毒性が強化されたタイプが、再度日本を来襲すると、多くの方が危険にさらされるという懸念が出てきますね。

マスクや消毒液の在庫備蓄にかかる費用も、節約したいご時世ではありますが、備えあれば憂いなしという諺は否定できないでしょう。

(因みに、地震へ発生時の備えがある方も、50%以下だったような記憶があります。)



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

景気回復期は、まだまだ先なのでしょうか。

世銀の2009年の経済成長率見通しが、-1.7%から-2.9%と引き下げられており、株式市況も素早く反応しましたね。

消費低迷しているという現実は、日本でも実感できます。但し、コンビニは、前年比で売り上げを1%増やすという結果があるようです。そうはいうものの、来客一人当たりの一回の購入金額はここ六ヶ月連続で1.5%減少し約570円とのこと。節約志向の中、不思議な数字ではありませんね。

排除命令が出ても、コンビニで値下げののり弁当が出回るようなことはなさそうな雰囲気ですが。?

数日前に、某居酒屋チェーンに友人と久しぶりに行って見ましたが、1年前に比べて相当の空席が目につきました。ランチですらお弁当族の躍進で、販売数が落ちている所も少なくないようですね。

製造業の回復が、日本経済の回復には必須条件となるでしょうが、車産業としては、輸出は円高基調にあり、内需は景気対策でエコカーだけ何とか頑張っている感じです。車は、景気のよい時代から輸出で稼いでいたので、北米市場の復活までのあと数年?は期待できないではないかと個人的に感じています。

ある著名な経済学者が、今回の不景気は、かっての日本が経験した失われた10年より悪質な結果を世界経済は被るリスクがあるとコメントしていましたが、本当にそうなるのでしょうか。

懸念はされていたように、貿易上の保護主義が出てき初めてきたようです。WTOがこれから忙しくなりそうです。

残業が減ったせいでしょうか、午後6時台前半の方が、午後9時以降より込んでいるような気がしますが?









テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

北朝鮮には国家的な保険金詐欺の疑いがあるようですね。

ジャパンタイムス紙によると、欧米の保険会社(損保)が、北朝鮮に多額の保険金を支払っているようです。

一例とて、2005年にピョンヤンにある政府所有倉庫にヘリコプターが衝突した事件では、ドイツ、イギリスの保険会社を中心に、北朝鮮関係筋との争議があったとのこと。

その主な内容は、以下の通り。

・このヘリコプターの衝突は、いわゆる”やらせ”であった。

・北朝鮮国内での本衝突事件に関する判決には、不正なものであった。

・北朝鮮では、この不正に得られた保険金を、いつも正日様の個人的な目的に利用している。

結果としては、上記の裏となる証拠が不十分もあり、損害金額の95%(約58億円)が支払われることになったとのこと。

2006年の2件の列車衝突と一件のフェリー沈没も保険金請求がされています。

従来、北朝鮮の外貨獲得の手段であった麻薬と偽造紙幣等への国際的な取り締まり強化が進み中、この手の保険金詐欺はその意味合いが重くなるだろうと関係筋は見ているようです。

今回の金融制裁の発動に伴い、北朝鮮の持つ共産圏国系銀行にある口座残高は、ほとんど0に近いとも韓国紙が伝えています。

米国や日本などの銀行口座からの資金移動は、今回の金融制裁で実質的に不可能に近い状態にある為でしょう。

そういう意味では、経済制裁がボディーブローとなるかもしれないのですが、参加国全部の足並みがそろわないと効果は薄いものになってしまいますね。

懸念されるのは、北朝鮮国内での生活物資や食料がなくなってくると、中国への難民(脱北者)が増加するのでしょうが、中国政府は彼らを難民として認めない所か、発見したら強制送還するのが現状だそうです。

強制送還された人の多くは、再教育?の為の強制収容所送りとなるそうです。

この強制収容所の情報を調べていた米国人ジャーナリスト2名が、拘束され、12年間の収容所送りの刑が確定しています。

中国が北朝鮮への制裁に躊躇する大きな理由の1つには、大量難民の発生対策と国際社会から求められるであろう人道的な対応が両立できるかが関係しているのではないかと感じます。








テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

米国債はもう買わないの方がよいのでしょうか。

ガイトナーさんが二週間前に、訪中し、米ドルの安全性を説明されていたのですが、中国メデイアの調査結果では、87%が中国のドル資産は安全ではないと見ているとのこと。

中国政府は、今年4月末時点で、7635億ドル(約76兆円)の米国債を持っていますが、今年3月末時点に対して微減しています。 但し、これは、香港保有分を含んではいないものです。

ロシアやブラジル同様に、中国もIMF債購入にシフトするようです。

ロシアの関係筋は、外貨準備をブラジル、中国、インド通貨での国債で行うことも今後計画しているようですね。

オバマ大統領下、2009年には1.8兆ドル(約170兆円)、2010年には(約107兆円)の財政赤字が推定されており、ドル価値下落に対する不安は致し方ないのが現状でしょう。

こんな状況下で、日本国政府や一部の金融機関による米国債購入は、基地外納税者とは理解できないところもあります。

最も、米国デフォルトとなれば、日本も経済破綻する運命にあるようですから、運命共同体として最後まで米ドルを見捨てないということでしょうか。

その為に、税金が使われている!

因みに、米国では金融規制改革法案が審議されるような状況です。

これにより、米国の銀行、証券、保険会社がFRB監督下になる。つまり、米国中央銀行の管理下になるということです。

これにより、サブプライム証券のような商品は、厳しく監視されることになるとのこと。

もう、米国市場での金融商品での旨い儲け話は、なくなるかもしれませんね。

そうなると、一層、ドル離れが進み、円高基調は続くのでしょうか。

2010年の上海万博に米国館はあるのでしょうか。 いまだ正式な出展計画がないとか?

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

原油価格の低迷は、ハイブリッド、EV そして燃料電池車普及の障害?

ホンダのインサイトは、米国市場での販売が計画を下回るかもしれないとの情報がある。

トヨタの米国牙城を壊す千載一遇の機会とはいえ、原油価格の低迷と大不況下の消費者心理には分が悪いようであるとのこと。


米国では、ガソリン価格が今6月中旬で1ガロン当たり2.64ドルとなっており、これは前年同時期比で35%ほど安くなっているとのこと。

こういう状況下では、当初の計画の70%程度の達成しか見込めないとのことであるが、ここに宿敵プリウスの米国投入となる。

米国では、このプリウスは、知名度も高く、インサイトにとっては正念場となりそうですね。


日産はEVで米国での活路を見いだすことができるのかもしれません。
メインバッテリーシステムのパッケージ交換等の導入戦略が実施される為のインフラ整備が、成功の為の鍵となるのでしょう。

日本では、昔から米国に比べてガソリン価格が高いので、HVとEVの新車投入が各自動車メーカーの市場戦略に大きなポジションを占めていくことでしょう。

とある有識者が、環境優遇税ではなく、環境負荷税をとるべきたと記述されておりました。

確かに、日本でも、環境保全推進の為ではなく、今後のガソリン価格を不安に思う購買層が今のHV現象を引き起こしているのではないでしょうか。

因みに、リチウムというのは中国に大量にあるとのことでした。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

東京ディズニーランドは、大丈夫か?

米国の不況で、大手テーマパーク(シックス・フラッグス)が破綻している。

ウォルトディズニーも、テーマパーク事業では、この1~3月期で、売上げが前年同期比11.7減、営業利益も49.6%減と苦戦している模様です。

夏休み特需に期待をしつつも、前年比で売上高減となる見通しとのこと。

米国では、失業率上昇ばどが消費者マインドを冷やししていることが背景にあると見られています。

日本では、TDL-SEA&LANDの連結が、2009年3月期で過去最高となったようです。

そういう意味では、日本の方が、米国に比べてまだまだましかなという感じがします。

パンデミックなどで入場禁止などがないかぎり、日本のミッキーは当分はご機嫌なのでしょうか。


テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

中国海軍VS米太平洋艦隊という近未来?

中国海軍の潜水艦が、米太平洋艦隊の駆逐艦のソナー部分との接触事故がフィリピン沖で起こっています。

本件は、故意による事故ではないとされています。

中国の軍拡は、既知のことですが、飛行機でいうとニアミスが発生したことは、気になることですね。

どうして、その距離に偶々居合わせることになったのでしょうか。

アジア海域での中国による制海権が、じわじわと形成されてくるとき、海上自衛隊の今後の役割が問われるていることは否めないことでしょう。

北朝鮮への経済政策における洋上艦船調査を本当に中国が実施するのか、また日本が現憲法下でどこまで対応できるのかなど、今後の動向が気になります。


テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

第三次世界大戦への道程は閉ざせるか。

イランでは、大統領選の結果、アハマディネジャド大統領の対米強硬路線が今後も続くことになりそうです。

イランも北朝鮮と同様に、核問題で米国と対峙している状況です。
(両国とも濃縮ウラン製造に着手しており、核武装化は進みそうです。)

その北朝鮮が、今回の国連制裁を不服に国連を脱退するという懸念が出ているようです。

もしそうなると、もはや北朝鮮の非核化は相当に難しくなるでしょうし、外貨獲得の為の核兵器を含む武器輸出も増大していくことになりそうですね。

かっての大日本帝国は、満州国建国以降、国際連盟を脱退し、第二次世界大戦に飲み込まれて行ったという歴史があります

(前回の米国における世界大恐慌は、第二次世界大戦により終息したという相当過激な意見の方もおられるようですが。)

今回の景気回復期には、地域的な核戦争や国家的な有事が起きないでほしいものです。



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

米国政府債務は、まだ日本より健全?

世界経済は、そろそろ景気の悪化期を脱するとの見方が出てきた今日日ですが、金融市場の不安定要素として、財政赤字の拡大があります。

この財政赤字を今後どれだけ縮小し国家財政の安定を図ることができるかが、各国の課題となるところでしょう。

米国では、2008年末時点で、GDPに対する米政府債務の比率は、45%程度だったようです。

日本は、その比率はが、米国に比べて、その3倍以上にあるというは、深刻な国家経済状況を物語っているのではないでしょうか。

その米国ですら、現在実施されている財政出動が終息しない状況になれば、この比率は増大していくと懸念する投資家もいます。

この比率が、300%に達すると、かってのアルゼンチンやブラジルのような状態になるとのこと。

ドル価値の将来的な下落を心配する向きもありますが、このままでは、円価値の将来は、ドルより暗いかもしれませんね。

米国債離れはもう止まらない?

ロシア政府は、外貨資産4000億ドル(約38兆円)の30%に当たる米国債を順次売却するとしているようです。

一方では、IMF債を初めて購入する予定で、その金額は100億ドルとされているようです。

これは、ブラジルも同様な動きにあり、今回初めて100億ドルのIMF債購入を計画しているようです。
これまでは、IMFから資金調達で国内産業発展を進めてきたブラジルですが。
BRICSのBの勢いには感嘆させられますね。

ロシアは、原油安により、財政難に陥っているようですが、ここにきて原油価格が70ドルを超えてきています。

ある日本人が、1340億ドルの米国債を持って、イタリアからスイスへ入国しようとして、拘留されているようです。

この金額は、ロシアの保有する米国債の金額に相当するものですが。

面白い話ですね。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

日本の再生は2019年まで不可能?

本日付ジャパンタイムスの記事に、日本国の財政破綻を回避し、健全な財務体質にするためのドラフトのサマリーが記載されていた。

2013年度末にGDPに対するプライマリーバランス上の負債比率を半分にすることが出来るかどうかが重要なポイントになるようです。

最終的には、2019年度には黒字予算を目標にするとのこと。

現在、異常に膨らんだ国債のGDPに対する割合を、2015年度末には増加をなくし、以降減少させるということが試みられるようです。

ご存じの方も多いとは思いますが、日本の長期国債発行額は、先進諸国中、第1位であり、来年の3月末にはGDP比168%に達するとの見通しです。

では、如何にしてこの状況から脱していくかというと、以下のことも計画されるようです。

・税制改革  (2011年度には消費税の引き上げは不可避?)
         これにより、社会福祉関係の財源強化(少子化・高齢化対策)

         どの位上がるのか? 欧米並の10数パーセントは覚悟?

         財源が確保される為、育児施設や幼稚園への税金投入(2011)

・歳出抑制  国家公務員数の削減は、10%以上を目標とされます。(2010年度から5年程度で)
        (地方行政部門への配置転換も含まれます。 )
        これにより、公務員の給与水準の引き下げを図るようですね。


これらのガイドラインは、今月23日最終的な調整がされるようです。

景気が回復してくれば、消費税引き上げに対しては、少しメンタルなストレスは解消されるのでしょうが。

とにもかくにも日本国デフォルト宣言とはなって欲しくありませんね。



        


日本の景気回復はいつか。

本日、内閣府が、、半年ごとに海外の経済情勢を分析する報告書「世界経済の潮流」を公表しており、米国の経済見通しについては「金融危機と実体経済悪化の悪循環が続いており、景気後退が長期化するリスクが高い」と指摘しているようです。

GM破綻による国内失業者の増加やCDS破綻がいつ起こるかわからない米国市場での景気回復の見通しが立てられないでしょう。

ここきて、インフレ懸念に、住宅ローン金利増加がある状態ですからね。

「2010年までは本格的な回復に向かうことは困難」との見通しとのこと。

米国の景気回復が起こるまで日本の輸出産業が円高の中、市場需要減となると、日本国内の内需喚起による早期の経済回復が期待されるところです。

政権交代が起こると、何か期待できるのでしょうか。

2009年の世界戦後初のマイナス成長に陥る見通しとのこと。

中国は、このリセッションの中、大健闘ですね。さすがに、凄いですが、中国がこのまま行けるかどうか、中国ビジネスの将来的な不安要素を指摘する経済本もありますが、?


ある予言書では、2010年には米国経済はさらに悪化するとありますが、所詮予言として流しておきましょう。(笑)



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

米国インフレ懸念の拡大

予想の通りの展開にようですが、原油先物が70ドルの大台に乗りそうです。金も1000ドルに値を戻しつつあります。

米国では、インフレ懸念が増大しており、商品市場への資金流入が増加しています。

一方では、住宅ローンの金利上昇も起こっているようです。

米国の景気回復の鍵となる住宅市場の回復に水をさすような状況が続くと、米国市場の本格的な景気回復が想定に比べて遅くなることは避けられないでしょう。


日経平均も本日100円近く上げていますが、今後10000円の大台にのるかどうか。NYダウが9000ドル台までいくのかどうか。気になるところです。

今日日の市場で、外国人投資家の売り越しに対して、年金基金で市場を買い支えるような株価上昇は、日本国民の年金財源を海外へ垂れ流しているようなものだとする見方もあるようです。

年金財源の運用責任は、どのようになっているのでしょうか。








テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

スタグフレーションは回避できるか。

米国および日本での国債発行残高の増加による通貨価値下落が懸念されているようです。

景気は底打ちしたと喜んでいる状況ではなさそうですね。

今後、物価上昇と不景気が同時に進行するスタグフレーションが到来するという見方もあるようです。



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

北朝鮮の核実験は本当に成功したかどうかは不明か。

核実験による大気中放射能を測定を妨害するべく、北朝鮮が中短距離ミサイルを発射したとの見方があります。

2006年の核実験では、このような威嚇発射はなかったとのこと。

結果として、どの程度の核爆発が起きたのかをデータ的に裏打ちできない状態になり、ロシア関係当局が、長崎や広島に落とされた程度のものではないかと推定するにに留まっています。

もし、そうであれば、北に核装備は、60年以上前のレベルにあるということになり、ICBMに搭載できる核弾頭はまだ出来ていないという楽観的な憶測も出そうですが、実態は如何に。

一方、北朝鮮の保護者的な位置づけにある中国は、今回もロシアが足並みをそろえるような状況ではない中、米国を中心とする国連派閥の圧力には、まだ動じる雰囲気はなさそうです。

その中国もあの天安門事件では、比羅吏さんにはきついことは言われていますが、米国債のお得意様にはこれ以上は難しいでしょうかね。

北に拘留された米国人がいますが、これを二国間の直接対話への布石としたいのではないかという声もありますが、日本人拉致は、このような局面にいたることなないようですね。

日本国家もずいぶんなめられたものだと感じてしまうのは、基地外納税者のためごとでしょうか。

早晩、核配備有無論争は、長崎・広島の悲劇概念を乗り越えた域に行くのは間違いないような気がします。

中性子弾ミサイルは、残留放射能があまりないとか聞いたことがありますが、本当でしょうか。

いずれにしても、暫く北朝鮮の挑戦は続くという感じでしょう。






テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

新型インフルエンザは、フェーズ6にあるとか?

国内では、新型インフルエンザ(H1N1)の話題は、その症状も考慮されあまり、騒がれないようですね。

米国では、既に50州全てでの感染報告があるとの記事があります。

世界中では、17564人の方が新型インフルエンザと診断され、115人の方が命を落とされたとのWHOの報告があります。

ブルガリア、ベトナム、ジャマイカでも感染報告が今週上がっているとのこと。

日本では、新型インフルエンザはもう落ち着いたというイメージがある中、着実に世界中に蔓延しています。

そういう意味では、フェーズ6でしょうね。

もし、これがH5N1であれば、もう人類滅亡とか騒いでいる状況なのでしょうが。

因みに、マスクがまだ入手できない状況にありますが、政府の危機管理能力が不安になります。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

GM破産法申請に沸く株式市場

かねてから言われていたGMが破産法申請を行ったと思いきや、NYや東京の株式市場は上げ相場の展開となり、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は2日の閣議後会見で、日本経済は1-3月が「底打ちの時期だったと思う」などと述べたとの報道もあり、この大不況ともうすぐおさらばという感じになってきましたね。

個人的に感じる所でも、一頃閑古鳥がないたような焼鳥屋や居酒屋に客足が少しほどは戻ってきているのかなという気もしますが。

ただ、国内自動車販売に関しては、環境優遇税により前年同月比10%減程度に踏みとどまっているという感じは否めません。

また購買意欲はあるようですが、収入減少下での消費拡大は、今後の景気回復状況次第という感じでしょう。

この不況で、家にいる時間が長くなったことを恩恵をうけた商品もあるようです。
新型インフルエンザも一役買ったかもしれませんが。

この状態が、梅雨の晴れ間ではないように。




テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

パレスチナ動向もここに来て不安定要素?

パレスチナ自治区ヨルダン川西岸カルキリヤで5月31日、イスラム原理主義組織ハマスの戦闘員と穏健派ファタハの治安部隊が交戦し、6人が死亡との報道がされています。

この数日前に、オバマ米大統領は28日、ホワイトハウスでパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談したようです。
会談後の記者会見でオバマ大統領は、イスラエルがヨルダン川西岸での入植活動を中止し、パレスチナ側が西岸の治安を改善すれば「和平プロセスを前進させることができると確信している」と述べたとされています。

これに先立って、19日、オバマ米大統領とイスラエルのネタニヤフ首相との会談が行われているですが、ヨルダン川西岸のユダヤ人居住地区については、見解に隔たりがあるようでした。

この状況で、ハマスとファタハが、未だ戦闘状態にあるということですから、この問題の解決の難しさがよくわかるところです。

一方、北朝鮮のICBM発射準備報道もあるアジア情勢ですが、今回は、中国もロシアも従来とはスタンスが少し違うところが、その緊張感を高めている要因かもしれませんね。

北朝鮮の核武装解除は、協議での解決が難しそうですね

最後のカードを切ってしまったかもしれない北朝鮮は、本当にICBMを発射するかもしれないという気もします。

第三次世界大戦とまではいかないにしても、その原因となりうる紛争が早く解決されて欲しいものですね。






テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >