スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・11テロに関わったアルカイダのパスポートが見つかったという報道の意味

米軍は、アルカイダ掃討作戦の一環として、パキスタンとアフガニスタンの国境エリアでの作戦を展開していたようです。

これと言った成果もないままに現地住民への被害も少なからぬもあったようですが、この作戦中にアルカイダの隠れ家的住居から、9・11テロの首謀者と容疑をかけられていたアルカイダのパスポートが発見されたとのこと。

アルカイダ勢力が、このアフガニスタンとパキスタンとの国境エリアでその活動を推進していた証拠ではないかと目されているようです。

そうなれば、今回の同エリアの掃討作戦も、米国にとっては価値があったといことになります。

NATOおよび米軍とのアフガニスタンにおけるタリバンとの戦闘状態は、ベトナム的な泥沼化した長期戦の様相がある中、米国は米軍の増員を図ろうとしています。

今回の9・11テロ容疑者のパスポート発見で、米国民がタリバンと戦う意味を改めて確認させるに格好な材料になるのでしょうね。

第二次世界大戦では、日本の真珠湾攻撃の悲惨さや硫黄島での壮絶な攻防戦が、米国民の愛国心を奮い立たせたという説もあります。

ある陰謀説では、9・11テロは、世界統一政府を目論むある金融資本により周到に企画された計画であり、アルカイダは上手く世論形成に利用されているに過ぎないとしています。

この真偽は不明ですが、米国がアフガニスタンでの戦闘をやめる気は当面ないのは間違いなさそうな感じですね。

一方、ウラン濃縮を巡ってイランと米国が議論していますが、イランとしては濃縮用イランを全て国外に渡すなど容易に受け入れることは難しいとしており、イランに核兵器の開発をさせたくない米国や欧州とはまだ溝が大きいようですね。

イランとの交渉が本当に決裂するようなことがあれば、三百人委員会の計画通りに、イランでの核開発が進み、ついには2012年に中近東での第三次世界大戦勃発ということになってしまうのでしょうか。(笑)


スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

中国海軍への航空母艦投入は時間の問題か?

近年における中国軍の強大化は、米国としても同国のアジア政策においても懸念されるところとされています。

2009年では、中国の軍関係予算は、同国の国家予算のおおよそ15%をしめるのではないかとされています。

米国としては、これらの中国軍の増強の目的が何なのか気になるところなようです。
(日本も当然、気にならなければいけないはずですが、日本人は安保呆けしていてますからね。(笑))

この20年間に渡り、毎年10%アップされた軍関係予算は、今年は710億ドルとされているようですが、中国の防衛予算の一部に過ぎないとの専門家筋の見方があり、中国の防衛予算全体ですら、米国の国防予算に比べれば小さなものではあるとはされています。

一方、中国軍が早晩、空母を投入する可能性はあると見られており、同海軍がレーダーやソナーで探知不能なミサイルや潜水艦を導入することも懸念しているとのこと。

中国は、米国との軍事的な面でも協力関係であることを表明しているとのこと。

ある陰謀説では、中国と米国の両国は、世界統一政府的な観点では、すでに同盟国であり、米国から中国へ技術的なサポート(核開発も含む)はこれまでに積極的に行われているとのこと。

つまり、米中間での戦争は発生しないという訳で、先の朝鮮戦争でも米国が支援に来た中国軍との戦闘を極小化したいという思惑があったようですが。?

そう考えると、中国軍の軍備拡張や空母の投入の目的は、本当に何なのでしょうか。?

個人的に気になるところでは、聖徳太子の未来記に記された第14章に、元寇を預言していた内容があります。

これは、日本国の末法期に、当時の元に鎌倉幕府が侵略されることを暗示していたとされるものですが、この第14章が現在の日本に当てはまるのであれば、中国海軍が日本へ侵攻してくるという意味になってしまうのでしょうか?

日米安保条約がある限り、これは杞憂というものでしょうが、米国が日本を従来通りに召使いとして使うにはこの中国の軍備拡張や北朝鮮の核開発は、都合のよい脅威なのでしょうね。

第三次世界大戦は、日本は、米中連合軍と戦うのではする説もあるのですが、こういうことは想像したくないものですね。(笑)






テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

SM-3sは米国以外へは禁輸されているのに。

欧州でのMDSが米国オバマ大統領によって見直しがなされた為に、その代替案としてSM-3s
が浮上しています。

実際、欧州への輸出を米国が日本に迫っているのは、艦載型の迎撃ミサイルの改良版とされる
Standard Missile-3 Block 2A とされており、2018年にも実戦配備したいとの計画があり、日本が米国以外へ禁輸対象としている本ミサイルを欧州へ輸出せざる得ない状況のようです。

日本は、すでに米製SM-3 Block-1迎撃ミサイルを2007年よりイージス艦に搭載しており、米国と共同開発でStandard Missile-3 Block 2A を開発してきた経緯があります。

日本の開発担当部分は、空気との摩擦によって生じた熱から赤外線センサーを保護する所だったようです。

日本は、1967年には武器の輸出を禁止したのですが、1983年には米国向けは除外するということになっており、今度は欧州も除外にせざる得ないのでしょうか。

日本から直接欧州ではなくて、米国経由で欧州であれば良いはずですが、それではロシアが米国に対して不快感を示してしまうからでしょうか。

日本が欧州防衛に加担させられる、つまりNATOの一員としてロシアに見られるのも変な感じですね。

これでは、ロシアの軍事的な敵対国家と見なされるように米国に仕組まれてしまうことになります。

ある陰謀説でいう第三次世界大戦におけるロシア・ドイツ・日本の連合形成に悪影響を与えることになるのでしょうか。



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

アフガニスタンでのISAFヘリコプター衝突発生の真相?

アフガニスタンに駐留する北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)によると、同国でISAFのヘリコプター墜落が2件相次ぎ、米兵など14人が死亡したとの情報があります。

この情報によれば、南部方面ではヘリ2機が墜落し、米兵4人が死亡し、ISAFの兵士2人が負傷したとされ、2機は空中で衝突したとされ、タリバンやアルカイダの攻撃ではなかったことが確認されたようで、原因などを詳しく調べている状況とのことです。

また西部では武装勢力の掃討作戦に参加したヘリ1機が墜落しており、麻薬取引に関与するグループの拠点とみられる場所を捜索をしていたさなかにヘリが何らかの原因で墜落したとされています。

両墜落事故の原因は、まだ究明中のようですね。

ある陰謀説によれば、このアフガニスタンはロシアが進駐支配した時期には、「死の光線兵器」と呼ばれるELF兵器の重要な実験場とされたいたとされています。

このELF(極低周波)は、米国HAARPでも利用されているようですが、人工地震をも引き起こすことも可能ではないかとされています。

また、ELFミサイルは電磁エネルギーをミサイルのように発射されるものですが、この攻撃を受けた航空機のエンジンが故障したりする例があったとされています。

今回のヘリの衝突は、突然の計器故障によりあの広いアフガニスタンの上空で起こったのかとか、何故がヘリのエンジンが突然故障したため、ヘリが墜落したのではないかと勝手に想像すると、このELFミサイルのような兵器が使用されたのではないのかとも推論もできそうな気がするのですが。

このELFスカラー兵器は、ある意味で非核であり、破壊力は核兵器以上とも言われるようで、第三次世界大戦は、核戦争ではなくて電磁エネルギーによる破壊が行われるのではないかと懸念されるのはやぶさかではないのかもしれませんね。

アルマゲドンが核戦争とは限らないようですね。

つまり、核軍縮しても非核の大量破壊兵器の減少にはならないということになってしまいますね。

ここにきて、米国大統領の核軍縮宣言の裏には、もう非核の大量破壊兵器の準備が整いつつあるという状況があるのでしょうかね。(?)
















テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

迫り来る巨大地震Xデー?

今週号の週刊朝日の記事には、サモア、スマトラ、バヌアツでM7.6以上の大型地震が2週間の間に連続して発生したことを受けて、南海地震、東南海地震、東海地震についての今後の発生の可能性とその発生日時の予測が現在では特定できないのが現状とされています。

確かに、日本はプレート境界型地震は歴史的に見ても避けられないようです。特に、東海地震は、1854年(安政地震M8.4)以来、155年間も発生していない状況にあり、今後2033年までに発生する確率は87%とするある研究機関の報告もあるようです。

つまり、もういつ発生しても不思議ではないということなのですね。

ある米国SF映画では、人工地震兵器を頻繁に使った為に地球内部のマントル対流が止まってしまうという設定があり、その施設がアラスカにありました。(笑)

現実、HAARPはアラスカにあることがそのHPで確認できます。

ある陰謀説では、このHAARPが低周波を使った人工地震兵器ではないかとしているようです。
まさにSF映画を現実化したような話しですね。

そこで、HAARPのオンラインデータで、Induvtive MagnetometerおよびMagnetometerのデーターが同期して大きく変化した日を、今回のサモア、スマトラ、バヌアツでの地震が発生した日と比較してみると以下の通りです。

HAARPデータ変化日(A)        地震発生日(B)    (A-B)日
9/21                   9/29(サモア)    8 
                       9/30(スマトラ)    9
9/28                  10/8(バヌアツ)    10

HAARPデータの同期的な大きな変化があって、8~10日後地震が発生しています。
とはいうものの、HAARPと地震発生に何らかの因果関係があるかどうかは全く不明の話しです。
偶々、偶然が重なったに過ぎないのでしょうね。

因みに、当たらない?ジュセリーノの預言では、今年の9/11または9/26にスマトラ島沖でM8.0の地震があるとされていました。少しは、当たるのですね。(笑)

直近のHAARPデータの同期的な大変化は、10/22です。

世界のどこかで、来月の前半に大きな地震が起こるのでしょうか。?
日本でないことを願いたいものです。

少しは当たる?ジュセリーノの預言では、11/16、台湾でM7.7、11/17、大阪・神戸でM8.2とありますが、過去の預言成就実績からみて起こらないでしょう。(笑)
  

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

米国・大型バンカー壕破壊爆弾(MOP)完成は近い!

ペンタゴンでは、地下の部厚いコンクリート壁壕に格納された兵器や施設を破壊できる大型バンカー壕破壊爆弾(MOP)の実戦配備への準備を急いでいるとのこと。

このMOP(Massive Ordance Penetrator)は、全長6m、直径1m、総重量15トンという巨大なもので、2.4トンの爆薬を搭載しており非核爆弾で米国が現在使用しているものとしては一番の大きいものになるとされています。

このMOPは、B-2ステルス爆撃機に搭載が計画されており、2010年の夏頃には実戦配備が可能ではないかと考えられているようです。

このMOPは2007年に最初のテストが行われたのですが、開発予算が不足して遅れていたのですが、オバマ大統領が長期的な観点から核の非拡散のための切り札として本開発に積極的な示しているという背景があるとのこと。

では、このMOPの想定使用先は、米国関係筋は未定とするものの、現在、地下の核開発施設を持つ北朝鮮とかイランが想像されるのは自然なことでしょう。

とはいうものの、イランへの武力制裁は現状では避けたいし、北朝鮮とも対話ができる環境が出来そうな米国にとっては、このMOPが実戦に使用されないことがベストシナリオではあるのでしょうね。

仮に、実戦で使用されると、イランの報復がイスラエルに対して行われることがあると、まさに第三次世界大戦勃発かということになってしまうのでしょうか。(?)

一方、経済制裁による燃料や食料品などの輸入製品の高騰に苦しんできたイランですが、これまでが政府の補助金により同国内価格上昇を抑制してきていたようです。しかしながら、この補助金負担が国家財政上重くなってきており、今後ガソリン価格抑制のための政府補助をやめていくことになりそうだとのこと。

イラン国内では、経済制裁への不満が今後一層反米感情を煽るような状況になりそうな感じですね。

かっての大日本帝国が第二次世界大戦(太平洋戦争)に追い込まれていったような状況に近いのではないかと懸念する見方もあるようですが?

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

鳩山内閣の不支持率が18%程度あるとのこと。 景気対策に不満?

ある世論調査では、鳩山内閣が景気対策に真剣に取り組んでいないのではないかと同内閣への不支持が少数派ながらあるとのニュースが流れています。

税収が40兆円を割り込むかもしれないという2009年度ですが、2010年度予算にはエコカー補助も盛り込まれず、自動車関係には厳しい環境になるなど、景気回復に真面目に取り組んでいるのか疑問に思う方も出てきても不思議ではないのでしょうが。

個人的に思う限りにおいては、コスト削減を進めることはできても、需要の回復がない状況では製造業の本格的な回復は期待できない訳ですから、従来の輸出依存型や米国頼みを前提とした、かっての自民党政権時代のように、ある程度の経済成長期に効果があった景気対策は現状では十分な効果が期待できずに、一部の有権者にはある種のフラストレーションがあるのでしょうか。

今後景気回復するかどうかは、いくつかの経済予測がありますが、今回の民主党による政権交代を暗示していた地球核力激震10年では、2012年までは経済状況は回復する見込みはないどころか、逼迫困窮した社会事情になるとしています。

これは、宇宙意識バシャール?との交信でも、景気回復どころか、2012年頃には日本もデフォルトするとなっているようです。

穿った見方をすれば、今、景気対策に税金を使うことが、一番の無駄使いになってしまう結果になりうる未来があるということでしょうか。

その意味では、景気対策への無駄な税金投入をしないというのは、まさにマニフェスト通りなのでしょうか。(笑)



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

ウクライナのレーダー基地建設計画は米ソ冷戦時代再来の兆し?

先に中止が決まった欧州での米国主導によるミサイル防衛計画(MDS)の代わりの一案として、ウクライナのレーダー基地建設案が浮上しているとロシアは警戒しているとのこと。

ロシアにとっては、旧ソ連時代の各国への米国の接近には極めて敏感な態度をとっており、今回の計画も不愉快なものとなっているようです。

冷戦時代の関係をリセットしたきた中で、2008年のグルジア紛争でのロシア国境付近への米軍やNATO軍侵攻やMDS計画の中で出てきた米ロ間の険悪な雰囲気を解消しようとする努力を台無しにしているのではないかと考えられている節があるとのこと。

オバマ大統領が先のブッシュ大統領時代のMDS計画(ポーランドに迎撃ミサイルを配置し、チェコに対イランのレーダー基地をもつ)は中止にするとはしたものの、この代替案に関するロシア側の質問については米国より十分な回答がないのが現状であり、ロシアも米国のイラン経済制裁強化にも賛同しかねる態度をとっている状況です。

当初、オバマ大統領の案としては、欧州に大型のレーダー基地を必要としない海上や陸上で発射される迎撃ミサイルの配備計画だったようです。

ロシア筋の情報では、ウクライナの米国大使はこのレーダー基地計画に関して米国と話しをもう始めたとしています。

確かに移動式迎撃ミサイル(PAC3など)であれば、大型のレーダー基地は必要もないのですから、ロシアサイドが憤慨するのも自然なことでしょうね。

この大型レーダー基地の目的は何なのでしょうか。

一方、2010年3月に日米ロの三カ国がワシントンでアジアの安全保障を巡る専門家会議を開く予定とのこと。

オバマ政権が推進する核軍縮路線や軍備の増強に余念のない中国への対応、北朝鮮情勢などが話しにでるようです。

日本は、米軍基地問題や北方領土問題があり、それらの点も気になるところですが、ある陰謀説でとう第三次世界大戦が、起こるとき 日本の味方は、ロシア、ドイツ、フランス?とされています。

そのようなことが現実に起きると、米軍基地への中国軍機飛来であっと言う間に日本は中国軍に制圧されてしまうということなのでしょうか。(笑)

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

ロシアの先制核攻撃認可?第三次世界大戦への準備開始か?

ロシアでは、同国が大規模ながら地域限定がされる戦争においては、通常兵器による侵略を防ぐ目的で核を使用する行為について、年内中には同国大統領に正式に打診されるようです。

これは、米国が既に検討してきた戦術核というのものに相当するのでしょう。

この背景には、近年の紛争が規模より地域的な武力衝突に変わってきており、この種の武力衝突より同国防衛に、この戦術的な核の使用も有効ではないかという考えがあるとのこと。

確かに、ロシアはグルジア問題やウクライナとの関係悪化など周辺にはまさに地域的な紛争の種が多いところかもししれませんから、地域限定の先制核攻撃は、ある意味で核による抑止がそれらの地域に対しては、コスト的にも効果的にも期待されるものかもしれませんね。

一方、欧州においては、米国主導でのミサイル防衛システム導入計画を中止した矢先に、このロシアの先制核攻撃という話しはただならぬ感じもあることでしょう。

アジアでは、台湾、韓国がここに来て同国軍によるミサイル発射テストを始め、これを受けて北朝鮮もミサイル発射テストを増やしてきたようです。

米国の核の傘下にいるだけでは、もはや自国の防衛は難しいとの判断があるのでしょうか。確かに、米国が世界の警察としてあと何年機能するか、米国デフォルト(2011?)でも米軍がこれまでのように世界平和?の為に世界中で活動してくれるのか気になるところではありますね。

脳天気な日本人には、ピンとこないところがあるかもしれませんが。(笑)

イランの経済制裁強化すら、ロシアの反対で米国は実施できない雲行きです。イランの核開発完了の時がいつか。それが2012年とかになるのでしょうか。?

個人的に感じる所では、米国は、すでに第三次世界大戦にそなえて、中国との軍事的な交渉を始めるような気配があるようですね。

ある陰謀説では、中国・米国・イギリス VS ロシア・ドイツ・フランス・日本の対決になるとのこと。

日本は、何日中国からの攻撃に耐えられるのか。ロシア・ドイツの救援軍をどこで受けいれるのか、果たしてそれまでも持ちこたられるのかなど真剣に考えてもしょうがない話しですが。

少し気になる点では、聖徳太子の預言や日月神事、続端能神歌には、戦場と化した日本の姿が記載されているようです。

三百人委員会のオリジナルプランでは2012年に第三次世界大戦が計画されていたとはされていますが。?

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

2011年にはドルは大暴落し、米国がデフォルトするのでしょうか。

今朝の朝刊にあった記事によると、三井住友銀行のあるストラジストのコメントして、2010年には1ドルは50円まで下落するかもしれないとのこと。

米国経済も、2011年までにさらに悪化し、ドルの下落は現在の通貨システムが変わらない限り止まることはないのではと考えられているようです。

為替介入ももう効果が期待できないようですね。

現在のドル基軸のグローバル経済の今後はというと、ドル崩壊と米国経済破綻の進行により、幾つかのブロック経済圏が、EU、アジア、北米・南米に形成されるとの予想があるとのこと。

現実、米国は新通貨アメロの準備が進んでおり、鳩山政権でも東アジア共同体といった新構想あり、EUもさらにその存在を大きくする方向にあるようですから。

藤井大臣が、為替介入についてあまり積極的でない理由もこの辺にあるのでしょうか。

因みに、宇宙意識バシャールというものを信じている方が世の中にはいらっしゃるようですが、
この宇宙意識バシャールとの交信によれば、2009年以降、米国はオバマ大統領の懸命な働きにも拘わらずに、企業倒産は増加し、失業率は上昇していき、2010年から2011年にかけて米国債の金利上昇により、債務不履行つまりデフォルトになり、この影響で、2012年迄には日本もEU諸国もデフォルトになるとの未来予想があるとのこと。

仮に、このようなSF的な予想?が現実化すると、ドルどころか、円も紙切れとなってスーパーインフレが日本を襲うことになります。

ある陰謀説では、この現行通貨経済の崩壊は、世界統一政府が目指すキャッシュレス社会の実現に不可避な行程とされ、通貨経済からある種のクレジットポイントによる経済運営に変わるための現行通貨システムの破壊計画とされているようです。

この新しい経済社会では、通貨という概念がなくなり、労働の対価は、政府認可機関のクレジットポイントにより決済され、これは貯めても利子がつくものではないものとされているようです。

つまり、生活はできるが、富を個人的に増殖することができない新しい社会(人間牧場)が到来することになるのですが、その社会の実現に前には、人工削減プログラム(パンデミックや人工的天変地異(HAARP)、アルマゲドンなど)が実行されることになるとされています。

このような宇宙意識や陰謀説の真偽はさておき、2010年以降の本格的な回復には、1ドル50円での輸出採算を確保するか、相当な規模での内需拡大が必要になることは避けられないような感じがしますが、本当に可能かどうか?

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

2012年12月21日は、審判の日かどうか真剣に悩む人はいるようですね。

来月には2012年という映画が米国で公開されることもあり、マヤ歴が2012年12月21日で終わっており、米国の学生の中には真剣に人類最期の日が来るのでは悩む人がいるとのこと?

確かに、2012年12月21日は、25800年毎に起こる太陽系惑星の直列が起こるとされているようです。

ある説では、この時にポールシフトがおこることで、火山の爆発、大地震や大津波などが発生するとしていますが、専門家の話しでは、ポールシフトが起きたとしても100万年にせいぜい1度程度とのことで、2012年にそのようなことが起こる気配はないとしているとのこと。

実際、現地マヤ族の末裔の人々ですら、2012年にとんでもない天変地異がおこるなどはだれも考えていないとのこと。

むしろ、新しい周期の始まりとか新生の時というイメージすらあるようです。

このような人類最期の日という発想を好む西洋文明が、このマヤ歴を使って何か世界滅亡神話を創造し続けたきたのがどうも本当のところではないかとする見方もあります。

事実、あるマヤ歴では、4772年を示す碑文もあるとか。

映画2012年では、大地震、隕石、津波などによる人類の終末イメージを上手く表現していそうですね。

一方、この終末思想というのは意図的に創造されたものであるという考えも頭の片隅において置くののも、歴史的に見て多くの宗教には必ずこの種のファクターが折り込まれている点で、心配症な方には良いかもしれませんが。

聖徳太子の預言にすら末法の世に七難三災があるのですから。

ある陰謀説では、人工的にこの終末世界を演出し、世界中の多くの人をある周波数を使って洗脳をしようとしている世界統一政府樹立を目指す組織があるとか。まさに20世紀少年を地でいく方々もいうとか。

確かに、人工地震も大津波もHAARPで可能になったようですから、全くのSF小説ではないのかもしれませんが。(笑)

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

エコカー補助は、2010年度予算にはなさそうですね。

経済産業省では、2010年度予算の概算要求にエコカー補助金やエコポイント延長を盛り込まないとの方針が固まったようです。

米国では、このエコカー補助金相当の補助金システムが終了するとすぐに、車の販売が急激に落ちたようです。

日本でも来年の車の販売数の大幅な減少は避けられないかもしれません。

内需拡大という点では、大きな逆風になるかもしれませんが、これも鳩山政権での方針であるのですが。

今年の東京モーターショーでは、欧米のカーメーカーのブースも数えるほどの様相ですが、日本のお家芸たたる?EVやHybridが気を吐いて頑張っていそうな感じになるのではと想像しています。

ようやく薄日の差し掛けた?国内自動車産業界にとっては、エコカー補助金の継続がなくなるのは切実な問題であることは否定できない所でしょう。

中国の内需拡大で、同国の新車販売台数は大幅な増加が今後も見込まれているという現状では、
国内生産の意味合いがより薄れてきてしまう感じですね。




テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

イランへの経済制裁強化の効果?

イランの核開発抑制や中止を意図した同国への経済制裁の強化の効果には、あまり期待ができないのではとする見方もあるようです。

同国への経済制裁強化は、同国強硬路線の大統領とイラン革命防衛隊にとっては、むしろプラス材料となるのではないかとも考えられています。

この12万人の精鋭からなるイラン革命防衛隊は、ミサイルプログラムを管理しており、イラン国軍とは別に地上軍、空軍そして海軍を持っています。

この防衛隊は、多数の港湾を管理しており、イランへ禁輸貨物の取り締まりをしており、経済制裁強化に伴いいわゆる地下経済よりの献上金が増加することも考えられています。

当然ながら、経済制裁強化はイラン革命防衛隊の経済活動にはダメージは与えることはありますが、同国経済への影響をより強くする環境にもなるとされれます。

ガソリン禁輸などの経済制裁強化により、かれらの社会的な影響力は一層強くなるとされています。

米国や国連参加諸国によるリビアやイラクへの経済制裁は、対象国の反米主義と民族主義を強くしたのに過ぎなかったとする一部の意見もあり、今回のイラクへの経済制裁の実効性には疑問があるようですね。

イランの核開発を止めるには、ロシアや中国の了承が得られるような並大抵の経済制裁では難しいような感じがします。

その間に、イランの核開発を進むとういとになり、イラン攻撃の大義名分がその内に出来上がっていまうとういう第三次世界大戦へのシナリオの1つが書かれてしまうのでしょうか。?

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

オバマ大統領のノーベル平和賞受賞が暗示する未来とは。

これまでに米国でノーベル平和賞を現役で受賞した大統領には、日露戦争和平交渉(ポーツマス条約)での功績を評価されたセオドア・ルーズベルト大統領、第一次世界大戦に米国の中立主義路線を転換し参戦し、ドイツに勝利した後、国際連盟の設立に貢献した功により同賞を受賞したといわれるウッドロー・ウィルソン大統領がいます。

今回も米国オバマ大統領は、現役大統領としては3人目となります。

ある意味で、オバマ大統領への期待の大きさを示すものでもあるのでしょう。

一方、米国国内ではオバマ大統領の米国トップとしての就任早々から、GM破綻、アフガニスタン問題、国民健康保険など難問に直面しており、同氏の問題解決する能力に関する不安や失望感なども米国内では一部見られるようですね。

これは、日本の鳩山政権も同じでしょうか。無駄な公共事業を中止するのに無駄な時間を相当に要するような感じですね。(笑)

個人的に少し気になる点は、歴代の米国現役大統領がノーベル平和賞を受賞した当時の世界情勢です。

日露戦争により、日本は世界の列強の末席をアジアで確保しました。一方、ロシア帝国は革命で崩壊しソ連が誕生しました。このとき、日本の戦費調達は、米国から借入れたとされています。また、ロシア革命の成功(ロマノフ王朝滅亡)には、米国から資金が流れたとする説もあります。

第一次世界大戦への中立的立場を主張したことで、大統領再選を果たしたとされるウッドロー・ウィルソン大統領は、ルシタニア号撃沈事件によりドイツへの宣戦布告したことで同大戦に参加しました。
この大戦後、同氏により提案された国際連盟には米国は加盟しなかったのですが。

この段階で、第二次世界大戦が起こる環境、ナチスドイツの台頭、日本のアジアでの覇権拡大を折り込み済みであったとする説もあるようです。

第二次世界大戦が、連合国勝利に終わって国際連合が設立され、次の第三次世界大戦に向けた仕込みである?イスラエルも建国されました。その後、核開発競争、東西冷戦を経て、イスラム勢力との文化的な衝突とテロとの抗争に明け暮れる現在に至っていますね。

核なき世界を目指すとするオバマ大統領が、世界平和を目指そうという事は我々人類にとっては望まれることではあります。今米国が直面しているイラン核開発疑惑、アフガニスタンでのテロ掃討作戦、パレスチナ紛争の解決は平和的な手段で解決がなされて欲しいものですが。

ある陰謀説によれば、第三次世界大戦というか全面核戦争が2012年に設定されているとのこと。

何故、2012年に全面核戦争が起きるかというと、世界的な石油資源量が2010年頃を境に減少に転じる、つまり可採石油埋蔵量がこの時期には半減するという観測があり、世界統一政府の樹立を目指す方々は、世界中の残存する石油を武力で奪取する方針をお持ちでる為と説明しています。

(本当に、石油資源量はあと何年か。 いろんな仮説があるようですが。)

その例が、米国によるイラク進駐(2003年)とする見方もあるようです。大量破壊兵器所有の疑いでしたね。

次は、イランとなり、核開発疑惑の渦中となり、経済制裁中ですが、表向きには米国との軋轢を広げたくないとしつつも着実に計画を進めているような感じですね。

サウジアラビア、シリア、レバノンもその侵略計画の対象となっているようです。

仮にロシアが、イランを本気で守ろうとすれば、ロシアと中東諸国 VS 米英イスラエルという第三次世界大戦の陣営が出来上がるのではないかと見られています。

こうなるとき、今の米軍には通常兵器による大規模な陸上部隊を展開するだけの余裕があるとは考えにくく、イラン殲滅には核攻撃が現実実をおびるとしています。

このような背景で、イランが核開発を急ぐのは致しかたないのではとも感じます。

このとき、日本はどうなるかは別の機会にふれたいと思います。(中国とロシアの関係がポイントになるだろうと思いますが)

いずれにしても、核なき世界を目指すオバマ大統領が、ノーベル平和賞を受賞したことでこのような最悪の事態が、任期中に、現実起こらないように願いたいものです。











テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

北朝鮮における経済活動と強制労働収容所との関係とは。

1600人以上の脱北者から証言により、今北朝鮮国内で何が起こっているのかが明らかになったきたようです。

現在、同国内の市場で商品の売買行為を行ったものに対して、何らの裁判もなく強制収容所へ送ることができる権限を北朝鮮政府を持っているとのこと。

ところが、政府筋の関係者に、それなりの賄賂を渡せば見逃してくれるという仕組みになっているようです。

実際、この強制収容所からは解放される人たちもいますが、彼らがそこで見た恐怖、飢餓や死者の情報は同国国民に広く知られることになり、結果として政府関係筋への賄賂を支払うことに対する抵抗感を全くといっていいほど無くさせているとのこと。

特に、市場で売買される商品の多くは、食料品を中心とするもので、北朝鮮の一般的な方の食料をカロリー的にみると、少なくとも50%はこの闇市的な市場から調達されているのではないかと見られています。

つまり、政府の配給食料だけでは、生きていくことができないという現実なのでしょうか。

また個人的な所得という意味では、この市場の売買行為によるものその80%近くを占めているようです。

この闇市的な市場において、商品売買をしないことには収入も得られず、生きていくこともできないという現実があり、それは賄賂か強制収容所送りかという二者択一を求める経済政策であるようですね。

このような刑罰システムは、同国の支配体制を安定させることは間違いないでしょう。

北朝鮮政府は、このような強制収容所は存在しないと否定してきていますが、衛星写真では既に確認されています。この強制収容所には外国人は入ることは許可されておらず、この間、米国人女性2名が逮捕されたような感じになるようです。

日本も第二次世界大戦直後にやみ市が自然発生的に多く発生した時期があったのですが、北朝鮮の場合は、恣意的にこの市場を維持させて、税金のような国家公認賄賂収入を当て込んでいるのでしょうか。

人間牧場的な観点から見れば、奴隷を活かさず殺さずの搾取方式なのでしょうか。

陰謀説でいうところの世界統一政府も、ある意味でこれに通じる管理システムを持っているようです。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

米ドルの運命はどうなるのでしょうか。

原油価格をドル建て行ってきた中近東の産油国は、日本円、中国元やユーロなどによる通貨バスケットによる価格決定を進めて行きたいと考えているようですね。

本件は、ロシア、中国、日本そしてフランスの関係筋と産油国で秘密裏に行われた会議で検討された内容とのこと。

確かに米ドルの国際的な基軸通貨としての強さは凋落傾向にあり、今後の事を考えるとドルペッグ制に対する産油国の不安も否定できない感じです。

一方、米国もこの産油国のドル離れ思考については近年懸念してきたものとされ、このような動きを押さえていきたいとする意向のようですが。

確かにドルは不換紙幣であり、FRBが印刷発行し米国政府に貸し付けているという現実の中で、この米ドルを未来永劫的に世界の基軸通貨とするという意味にはどういう意味があるのでしょうか。

単純に言うと、米ドルに裏打ちされた資産や再建については、米国の破綻がおきて米ドルが紙切れ程度しかないような事態がおこるようなことがあるときは、その資産価値が消失するという羽目になるリスクがあるということなのだそうです。

原油価格がドル建てでなくなると、その国債通貨としての価値劣化は避けられないようで、米国としてはそような事態は絶対に避けたいはずでしょう。

因みに6日時点のNY金先物市場では、一時最高値1045ドルをつけています。

また日本の現政権下では、あまり目立った為替介入はしないとはしているようですが、日本の今年9月末の外貨準備高は約94兆円(一兆526億ドル)となり過去最高となったようです。

米国ドルが紙切れとなれば、この外貨準備高も膨大な古紙並の価値しかないという状況になるのでしょうか。(笑)

すでに、米国では現行米ドルに見切りをつけて、新しい北米通貨(アメロ?)への移行への噂もあるとか?

一方、日本の岡田外相は、米国抜きでの東アジア共同体に関するコメントがあるようですが、米ドルの排除にも聞こえるような話しには米国が眉をひそめる程度で済めばよいのですがね。

巷の陰謀説によれば、世界統一政府を目指すとされる新世界秩序においては、キャッシュレス社会が前提とされており、もうお金という概念はなくなるとされています。

少し、説明できるイメージでは、あるIDカードようなものが個人に義務づけられ、そこには全ての個人情報と買い物ができるクレジットポイント的世界統一通貨があり、それで買い物し、そのデータは政府に管理されるという感じです。 このカード(奴隷IDカード)がないと、社会的な死を意味することになるとのこと。

このような社会の実現に向けて日々頑張っておられる優秀な方々がおられるとのことです。
お疲れ様で御座います。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

台風18号接近中!

今週8日も非常に強い台風18号が上陸するのではないかとの観測があります。

実際、上陸するようなことがあれば強い風雨による災害が心配されます。

ここで、少し気になるのが、HAARPデータの変化です。これまでにはないパターンになっているような感じも受けます。

またロシアの地震予知サイト(http://quake_vnb.rshu.ru/index_eng.html)でも、10/6から10/8にかけて関東と東北でM5~6程度の地震があるとグリーンの丸印が本日現在確認できます。

スマトラやサモワでの大型地震エネルギーの郭内伝搬も理論的にはあるとする説もあります。

従来、大型の台風通過時の大きな気圧変動が、震源に少なからぬ影響があるとする説もあります。

こう見てくると、10/8後数日内に関東や東北でM5-6の地震が起きるかもしれないと考えるのは単なる心配症?か 暇人か(笑)

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

北朝鮮には100カ所の核関連施設があるとのこと。

韓国の国防大臣によれば、北朝鮮には100箇所にも及ぶ核関連施設があるとしており、北朝鮮との軍事的な緊張関係が切迫する場合には、韓国はこれらの施設をするだけの軍事力はあるとコメントしています。

この手のコメントは、北朝鮮サイドからは激しい非難を受けているようですね。

これは、イランの核施設をイスラエルが攻撃したいという衝動に駆られる状況には通じる所はあると思います。

ところで、北朝鮮はこの核開発に関する交渉の結果、米国などより22億ドル近い金を受け取っているという計算があります。これらの中には、軽水炉や50万トンの重油などが折り込まれているようです。

この約2000億円近い金額には、韓国(11.5億ドル)、日本(4.1億ドル)、EU(0.18億ドル)などが含まれています。

こういう金額がこれまで北朝鮮に流れたものの、今もって北朝鮮の非核化協議で、六カ国や米朝協議を実施しなければ事態の進展がないのが現状です。

これらの協議が上手く行っても、北朝鮮への見返りは今度いくら要求されるのでしょうかね。

同国の核開発は、外貨獲得の手段になっているような感じです。

一方、何故タリバンがここに来て勢力を盛り返したのかという観点から、面白い事実があるようです。

パキスタンは、タリバン勢力を制圧するように米国から2002年から2008年にかけて66億ドルの支援をうけたものの、タリバン制圧に必要な軍の活動資金に使用されたものは何と5億ドルとする報告があります。

現実、ヘリコプターや兵士の特殊装備もままならない状況がつづき、その間にタリバン勢力が元気になったのではする見方も一部ではあるようです。

残りのお金は、パキスタン政府の同国経済対策に回ったものもあるようですし、同国の本当の敵対国とされるインドと紛争対応に使用されたものなどもあるようですね。

本来の目的に相当の金額が使われていれば、現在、泥沼化しそうなアフガニスタンでのタリバン掃討戦争はまだ良い状況にあったかもしれません?

本来の目的通りに、使われないお金は百害あって一利なしではないのでしょうかね。

日本の現政権による正しい国債の使い方を期待したいものです。(笑)

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

インドネシア・パダンには、もっと大きな地震がくると懸念があるようです。

地震研究家によれば、今回のスマトラのパダンには、この付近にある活断層により、大きな地震がくると警告されていたようです。

また、今回の地震は、これまで危惧されたきた活断層とは異なる活断層部とされており、今後、この活断層による大地震も危惧されているようです。

今回の活断層は、この地震で初めて確認されたとのこと。

確かに、日本にも未確認の活断層が結構あるようです。

ただ気になる点は、従来、観測もされていないような活断層から突然地震がおこると言うことです。

新潟沖もそのような活断層だったような記憶がありますが?

HAARPが寝た子を起こすような低周波震動を加えたからではないかという話しもあるようですね。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

イランと米国の密約?ウラン濃縮のロシア委託

ジュネーブで開催されたイランと米国、ロシアと主要EU各国との協議は、IAEAによる核査察の実施確認や現在までイランが進めてきたウラン濃縮開発をロシアに今後委託する方向となり、イランが核弾頭を自国製造するが難しくなり、イランのよる核開発を押さえることになったようです。

今回、現地での最後の詰めの協議は、イラン代表と米国代表の二国間で、小部屋で45分間行われたとのこと。

結界としては、オバマ大統領から見れば、建設的な解決への第一歩と言わしめることになったようです。前任米国大統領の時代からみれば、大きな違いがあることは事実ですね。

しかしながら、今回の協議の結果、イランが核兵器の開発を中止するとは言及していない点や、ミサイル開発やウラン濃縮技術開発での協力関係があったロシアとイランの関係がより強固なものになったという側面も見逃せない所でしょう。

この45分間にわたるイランと米国の二国間協議では、何か密約のようなものがオファーされたのではないかと憶測するのは変でしょうか。

北朝鮮も六カ国協議の中の米国との二国間協議に事態の解決に向けた何かを期待するのはこのような事が現実あるからでしょうか。

一方、米国とイランの対峙関係の改善?が見えようかなという時期に、イスラエルはこれまでのガザ地区での紛争行為に対して海外で告訴される懸念が出てきているようです。

今の米国政権下では、イスラエルには風当たりがよくない状況があるようですね。

こういう状況が、中近東の火種が上手く制御されている状態と思っているうちに、第三次世界大戦のきっかけとなるような出来事が誰かの手で、企画、実行されるのでしょうか。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

イランの核開発施設への攻撃を諦めたか? イスラエル

イラン核査察が、IAEAにより今月中旬にも行われるとの見通しとのこと。

これまで、イランの核開発疑惑に先制攻撃も辞さないとの強硬な立場をとってきたイスラエルでしたが、イランの核開発施設にはS300?などの迎撃ミサイルもあり、イラン各地にほどよく点在する点では、かって1981年に決行した核開発施設空爆とは勝手が違うとの諦めムードもあるようですね。

仮にイスラレル単独で、その1981年当時同様に計画を実行したところで、米国の是認はないのが今のオバマ政権ですから、今は査察の進展とイランのウラン濃縮放棄があるかどうか見極めるしかないのが現状なのかもしれませんね。

こうなると、心配される第三次世界大戦は、イランの核に発端するものではないと感じるところもでてきますね。

では、その第三次世界大戦が発生する本当のバックグランドは何か、興味がありますね。

個人的にはまだ理解できない要素も多いのですが、必ず第三次世界大戦は引き起こされるということは否定しがたいようです。それが、世界統一政府とか300人委員会の計画だからとのことです。?



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

サモワ、スマトラで大型地震が連続しておこるのはどうしてか?

この理由になるかどうかはわかりませんが、カルフォニア大学の研究によれば、2004年12月に発生したM9.1のスマトラでの地震が、8000kmも離れたカルフォニアのサンアドレアス活断層に影響を与えたとのこと。

同大学では、現在までこの活断層に地震計を埋めて22年間、各種データを取ってきており、地震エネルギーの伝搬について研究を進めてきたとのこと。

重要な点は、ある活断層付近の他の地震エネルギーが加わることがつづけことで、当該活断層での地震はより起きやすくなるということのようです。

今回のサモワ、スマトラの地震エネルギーが日本の活断層に伝搬しているようなことも考えなくてはいけないということなのでしょうか。

この仮説通りにだとすると、多くの活断層がある日本は、ある日大型地震の連続発生、東海大地震あとに数日以内に関東大震災がくるといった事態が起こるということも希有ではないのですね。

この弱った活断層に、HAARPによる低周波攻撃がなされて大地震が起こってしまうという勝手な想像もしてしまいますが。(笑)

聖徳太子の未来記や日月神事にも、大きな地震の話しは出てきますから、気になる所ですね。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >