スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの新兵器開発

イランの核開発疑惑?により米国を中心にIAEAによるイラン国内の核施設査察の強化と経済制裁強化への中国やロシアの前向きな発言もあるなかですが、イランのミサイル攻撃を最も恐れているイスラエルは、同国独自のミサイル迎撃システムを開発中とのこと。

このミサイル迎撃システムでは、金属性の微粉弾を対象となるミサイルの周囲に発生させ、ゾーンでの迎撃を可能とするものとされており、従来のミサイル単体での直接的な迎撃とはコンセプトとは異なるもののようです。

既に、ガザ地区やレバノン郊外での本システムによる迎撃試験は成功したとはされています。

しかしながら、ある専門家筋の情報としては、限定的な数量のミサイル攻撃への迎撃システムとしては一定の評価ができるが、本格的なミサイル攻撃を主体とした戦争にはコスト的な面でも現実的ではないとされているようです。

因みに、イスラエルは3隻の独製ドルフィン級潜水艦を所有しており、あと2隻の同潜水艦を購入する予定であり、この潜水艦は核弾頭を発射できるものとされているとのこと。

イスラエルは、否定はしていますが、核弾頭ミサイルを持っているのは疑う余地のないところとされています。

結局、最終的な切り札は、この核弾頭にあることは間違いないとされています。

また同国は、より命中精度の高い爆弾の開発を進めており、この爆弾は爆発前に警報音をだして標的付近在住住民の避難を促すという人命への配慮がされているとのこと。

破壊はするが、人命は尊重するというコンセプトということで、諸外国からの避難を交わす目的があるのでしょうか。

やはりイスラエルが、ある陰謀説によれば、2012年に予定されている第三次世界大戦の勃発シナリオのメインキャストの1人であるのは避けられないことなのでしょうか。

聖徳太子の預言にも、この中近東での60日間に及ぶ戦争が暗示されている内容があるとのこと。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

米ドルの暴落はどこまでいくのでしょうか。

米ドルの暴落開始となるかリカバリーがあるのかは不明ですが、本日時点で、14年ぶりの円高に迫る87円台となっていますね。

米国では、資産防衛の手段として金価格も高騰を続け1200ドルに迫る勢いで、額面50ドルの金貨ですら売り切れ状態となったとのこと。

この円高については、宇宙意識バシャールとかいうものと交信ができる方々によれば、2009年中には、1ドルが70円位まで円高になるとの話しがあるようですね。

この話しによれば、来年から2011年にかけて米国がデフォルトし、2012年までにが日本もEU諸国もデフォルトするとなっています。


確かに、さらに円高が進めば、輸出産業の海外拠点強化により国内での労働力需要がさらに減少して製造業を中心とした雇用環境の悪化は避けられないのは確かでしょうが。

中国へ日本人が出稼ぎにいくような近未来も否定できないかもしれませんね。(笑)

(PS)
日本も赤字国債の発行なくして成り立たない国家ですが、そのような慢性的な赤字体質の元国営航空会社の救済の為に貴重な税金を投入するという仕組みがまかりとおるようでは、米国がGMを一旦は倒産させて新生GMにて再建を図ったという基本的な取り組みに比べてみると、個人的には情けないという感じすらしていますが。
連合(労働組合)の強い配慮がある現与党に、日本の未来を託している有権者はそれなりの覚悟が必要でしょう。





テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

イエローストーンの大噴火の映像は凄かったですよ。

先週末、映画2012を観てきましたが、前評判通りのCGの出来栄えだった感じですね。

個人的には、イエローストーンの大噴火シーンは圧巻でした。

因みに、このイエローストーンの爆発は、惑星Xの接近により2012年には起こるのではないかとする説がありましたが、今回の映画では採用になったようですね。

この映画2012には、いくつかの暗示的なメッセージがあったと感じています。

世界経済は2012年に向けてさらに悪化するのではないかと意味するG8会議への抗議行動のワンシーンがありましたね。

今回の映画でも太陽活動の極大化による地球規模の大災害が設定されているようでしたが、これも惑星Xの接近により太陽嵐の強大化と意味では同等な設定条件となるのでしょうね。

この映画のメインテーマとなる方舟の建造と乗船券販売においては、映画作品としての様々な諸設定があったのですが、本質的に問題とされる点は、一般国民への情報開示のあり方であったようですね。

ある説では、この方舟は、地下基地として準備されているとのこと。

この建設には、税金や麻薬取引などの収益が当てられているのではないかとする話しもあるようですが、だれがこれらの地下施設を利用できるのでしょうか。

もう既にチケットは完売になっているのでしょうか。(笑)

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

聖徳太子の未来記にある光景は、惑星Xを示すのでしょうか。

聖徳太子の未来記の第14章にある表現に、「夜半に日輪を見、北方に月輪を出さん」と読み下される部分があります。

これが、何を意味しているのかは諸説があるようですが、現在地球に接近しているのではないかという惑星X(ニビル)があるという説を当てはめてみると以下のように解釈できるのではないかと個人的に推察しています。

この惑星Xは、2012年12月21日に太陽系黄道面と交差するとされており、電気的な活動の最盛期に入るとされ、夜の満月よりも明るくなり、日中でも目視できるのではないかとされています。

つまりこれが、「夜半に日輪を見」に相当する光景なのでしょうか。

また、「北方に月輪を出さん」は、この惑星Xが2013年2月14日の近日点通過までに緩やかなポールシフトが起こるのではないかと推察すべき内容なのでしょうか。

この部分の前段に、「巌石は眼口を表し」の部分は、この惑星X接近に伴う隕石のシャワーを示しているとも推察ができるのかもしれませんね。
(映画2012年でもこの隕石シャワーの予告が流れていましたね。(笑))

米国の食料不足が意味するものは?

米国の農務省が今月16日発表した2008年の食料安全保障報告によれば、全米の約15%に当たる1700万世帯が、同年中に収入不足などから家族全員に十分な食事を与えられない「食料不足」を経験したとのこと。
同報告では、子供の食事まで制限せざるを得ない世帯が50万世帯におよび、前年比56.7%も増加していると指摘しているようです。

因みに米国の貧困率が17%程度ですから、約15%の家庭で経済的な理由で十分な食事を確保できなかったというのは、頷けるものがあります。

一方、日本では、貧困率が15%程度ですので、米国社会同様に7人に1人程度満足に食事が取れていないという現実があるのかもしれませんが。

日本は、現在、デフレ状態で、物価は下がっているようですが、これがいつまで続くのかはわかりませんが、米国破綻やドル崩壊により大インフレがおこるとする説があるようですね。

この食糧難については、日月神示でも、世紀末的な状況で起こるとの記述があるようです。

この原因は、大干魃などの環境変化による世界的な収穫量減少と金融資本による先物相場引き上げによる価格上昇などもあるのでしょう。

因みに, アフリカでは何故干ばつが多いのかと言う点で、HAARPやELFによる人工気象調節が行われているとする陰謀説もあり、この説によればアフリカの人口抑制には兵糧攻めが最適だということらしいです。

現実、多くの食料を輸入に依存している日本では、将来高騰した輸入食料を購入せざる得ない状況となり、米国の報告書にあるような経済的な食糧難に直面する可能性はないとはいいきれない、つまりは対岸の火事ではないといことなのでしょう。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

サンパウロ州やリオデネジャイロ州での大停電発生の原因?

ブラジルのサンパウロ州やリオデネジャイロ州などでの広範囲に渡る停電発生により南東部を中心に少なくとも12州と首都連邦地区で、人口の約4分の1に当たる5000万人に生活に影響があったとされているようです。

この停電の原因はとして、世界最大のイタイプ水力発電所の送電系統トラブルが考えられているようですが、まだ断定されている状況でもないとのこと。

かって1986年にNYで大停電があったのですが、その時もカナダ国境からNYにかけての東海岸一帯にかけて広範囲にわたる大規模な停電があったと思います。

この時も、各種の要因が議論されていたようですが、これといった要因は特定されなかったようですね。

ある説では、この大停電はロシアが開発したELF兵器によるものではなかったのかとしています。ELF兵器による電磁パルス発生により送電系システムが破壊されたとするものです。

このELF兵器は、米国もアラスカにあるHAARPで現在ロシア同様に開発を進めているのではないかとする説もあります。

仮に、このような人為的な停電計画があったとしても、なぜブラジルが標的になったのかは全く想像もつきませんが。

一説では、2012年に地球に再接近する惑星Xも、太陽からの電磁波を強大にするため、大停電を引き起こすのではないかとしています。


いずれにしても、2016年のオリンピック開催までには、ブラジルには電力インフラ自体はしっかりと整備していただきたいものですね。

停電中には、競技中の電光掲示版が黒板に変わるのでしょうか。(笑)

2010年に米国金融機関破綻の最終段階突入か?

米国FDICのベアー総裁が、今月10日のNYでの講演の際に、米国の金融機関の破綻は、件数のピークは2010年になるとし、その後は落ち着くというコメントをしたとのこと。

FDICによれば、先週末時点で2009年に入って120行が破綻しているとし、米国内地域経済の不振もあり、中小の地方金融機関の経営環境が悪化している為、2010年はさらなる破綻が懸念されている様子です。

ということは、2010年に米国経済の回復の兆しを見るのはやはり難しそうな感じですね。

いくつかの預言で、2010年にはドル価値の大急落や米国経済破綻(デフォルト)があるのではしていますが、少なくともドル価値が回復する見込みも米国経済回復も2010年にはないというのは確かに当たっているのでしょうね。

仮に、これが最悪のシナリオでいくと、2011年以降には日本も欧州もデフォルトになり、不換紙幣経済の終焉がくるとされています。

確かに、NYでの金価格は高騰していますね。

ある陰謀説では、この貨幣経済の終焉こそが、世界統一政府が望むクレジット社会到来への第一歩としています。















テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

2009年の記録的な米国の国家間武器販売

2009年度の米国政府による関連各国政府への武器販売高は、過去最高となる381億ドルとなる見通しとのこと。

その内訳は以下の通りです。

UAE:79億ドル
アフガニスタン:54億ドル
サウジアラビア:33億ドル
台湾:32億ドル
エジプト:21億ドル
イラク:16億ドル
NATO:9.25億ドル
オーストラリア:8.19億ドル
韓国:7.2億ドル

つまり、中近東向けだけ約200億ドルとなり、全体の50%以上を占めることになりますね。

2010年度も、同程度の武器販売金額(379億ドル超)が見込まれているようです。

米国国内でも、ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領は海外への武器販売について何らかの管理をして抑制すべきではないかとの声もあるようですね。

この武器販売は、米国とのアライアンスを示す重要な要素として同国ペンタゴンの重要なプログラムとされているとのこと。

米国経済の回復の兆しが不透明な中ではありますが、この武器製造関係の軍需産業はまさに絶好調という感じでしょうか。

ある陰謀説によれば、第三次世界大戦のような大がかりな戦争よりも、今世界各地で起こっている地域紛争やテロ掃討作戦のほうが、軍需産業と結託した国際金融資本には、より収益性が高いものであるとしています。

実際のところ、核戦争となれば、これらの国際金融資本がもつ世界各地の資産すら灰となり大きな損失となる訳ですから、核は不拡散賛成だが、通常兵器の軍縮は無視というのが、米国の本音なのでしょうかね。??

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

米国における銃乱射を日本人はどう見ているのでしょうか。

米国では、今月5日、テキサス州のフォートフッド陸軍基地で、近くアフガニスタンかイラクへ派遣予定だった陸軍少佐の精神科軍医による銃乱射事件が起きました。

また翌日には、フロリダ州オーランドでは、市内のオフィスビルの8階で、40歳男による発砲事件が起き、1人が死亡、5人が負傷したのこと。

前者の銃乱射は、海兵隊員がイラクやアフガニスタンへの派遣が決まりかけたことが原因とされ、後者は、勤務先の会社からの解雇がその動機とされているようです。

米国では、大学構内での銃乱射など過去にも発生していますね。

銃刀法で武器を持てない日本人にとっては、これらの乱射事件は銃器が一般に所有可能な米国独特のリスクとしか思えないかもしれませんね。

日本社会でも、過去には日本刀や槍など旧家でも先祖伝来の品と普通に一般家庭においておくことが出来た時代があるそうですが。

米国のオバマ大統領は、この銃乱射事件を追悼の為に、今回の来日日程を変更しているとのこと。

因みに、同大統領が、米国内での銃所有規制を強化したいとする意向があり、大統領就任前から、米国内の銃器ショップでは規制強化を恐れた人々で賑わったとされていたようです。

では、何故、米国人が自分で銃器を所有したがるのかは、米国誕生の歴史などの観点からも、多様な考え方があるようですが、単純に考えてみれば、武器(銃器)を持たない国民は、国家権力にその自由と安全を脅かされやすいという側面があるのではないのでしょうか。

例えば、日本でいうと、秀吉が刀狩りによる農民一揆の発生を抑えようとしたとされています。

この論理で、米国で銃規制が強化され、銃の所有が禁じられるようになると今後、どのような事態が回避できるのでしょうか。

ある陰謀説では、現在、失業率が26年ぶりに10%を超えている米国経済ですが、将来的な展望もはっきりしないような状態が続くと、地域的な暴動が発生する可能性も高く、これが米国内乱に繋がる危険も100%ないとは言い切れないとしています。このような事態で、民間所有の銃器の存在は、極めてリスクの高いものになるとしています。

世界統一政府という組織が、非武装化した国民(人間牧場住人)を管理するには、銃器規制は大きな意味合いがあるとされ、銃器の剥奪から自主的な放棄を受けいれる為の世論形成(言葉による条件付け?)が、今回のような銃乱射事件の発生で確実に形成されていくのでしょうか。

日本が、もし何らかの理由で、外国の軍隊に占領されたとして、鍋や包丁ぐらいしか一般に個人で所有できそうな武器がないのが現状でしょう。(笑)

因みに、端能神歌や続端能神歌には、日本が北海道や三陸方面から海外の軍隊の侵略をうけるとの内容があるようです。

それにより、日本は8分割統治(占領)を受け、悲惨な時節を過ごすことになるそうです。

ある説では、2011年春までにはその兆しがあるとのこと?



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

北朝鮮現体制崩壊による韓国と米国による5029作戦発動はあるのか。

米国と北朝鮮が、北朝鮮において現行体制崩壊などの危機を想定した5029計画を、韓国の現行政権と米国との間、あらためて確認しあった模様です。北朝鮮は、この作戦を北朝鮮は同国への侵攻準備として厳しく非難しているようです。

米国の役割は、北朝鮮にあるいわゆる大量破壊兵器(核を含む)の国外の流失防止を行い、韓国は難民対応や同国への復興支援での中心的な役割を持つような内容があるようです。

韓国の旧政権では北朝鮮への配慮があり、本計画の検討をやらずにいたという経緯があるとのこと。

ある説では、北朝鮮の金正日氏のオリジナルはすでに故人となられており、現在は4代目?の影武者(ダミー)がそのお役目を引き継いでいるのではないかとしています。

この噂が本当かどうかは別にして、六カ国協議の開催を議論しながら、この5029計画を真剣に進めていくのは北朝鮮から見れば、少なからぬ無礼な計画には見えるのでしょうが、それを承知で取り組む意志があるのは、北朝鮮崩壊リスクが高まっているのではないかと少し気になるところですね。

一方、これらの動勢を、日本が対岸の火事と見ている訳はいかない事情があるとのこと。

北朝鮮からの難民増加などもその一例でしょうね。

拉致問題の本質的な解決も当事者が不在となることで、一層難しくなるのでしょう。

個人的に気になるところでは、続端能神歌にあるように、日本が北から侵入した他国の軍隊に侵略され、連合軍により統治される事態(8ブロックという説もあるが)に陥るという話しがあります。

ある特定の仮想的国ではなく連合軍とされる多国籍軍により日本国家の分割統治が行われるという点が、ポイントになるのでしょうが。

仮にそれが起こる時には、日米安保条約は開戦と同時に反古にされ、日本が国連決議(世界統一政府の意志)に逆らう状態の結果、日本攻撃決議を採択されるような事態がおこるのでしょうか。

それが、北朝鮮より厄介な国になりつつある日本への世界統一政府からの制裁となるのでしょうが、その大義名分は何になるか想像もつきませんが。

一説によると、世界統一政府は2011年7月発足とされています。2012年には、第三次世界大戦も計画されているとのこと。

日本の侵攻作戦は、2011年春頃ではないかとする説もあります。

因みに米国のCITの経営破綻のインパクトは、少なからぬものがあり、米国の中小企業の影響は大きく米国経済の回復に影響を与えるものようです。

このまま行くと、各種予測や預言のソースによれば、若干の時期のずれはあるものの2011年迄には米国デフォルトがおこるのでしょうか。ドルは本当の意味で紙切れになるのではないかと心配になってきますね。

少なくとも、日本の景気回復はなさそうですね。景気回復策が鳩山政権では策定されずに、このまま暫く行きそうな感じがしますからね。(笑)





テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >