スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビア内乱の及ぼす地政学的な影響?

リビア情勢の悪化が日ごとにましていく感があるようですね。

すでに米国も同国から逃げ出したも同然となっているようですが、さらに情勢が悪化してカダフィ大佐が降参するような状態となったらどうなるのかという各種の憶測が多方面でされ始めています。

一部の見方では、リビアが現在のアフガニスタンやソマリアのような状況に陥り、アルカイダ勢力の温床となるのでは危惧するものもあるようです。

とくに、同国内では古来部族間の関係が重要であり、これがうまく調整されない場合は紛争(内戦状態)に陥りやすいとも懸念されており、このような環境はアルカイダ勢力には好都合なものとも見られているようです。

エジプトに続き、リビアも現体制崩壊となれば、イスラエルを囲む勢力バランスが大きく変わることが予想されています。

また中近東の王族支配へ崩壊を引き起こしかねない同地域で民主化運動の興隆は、かってのロシア革命、フランス革命のような市民による解放運動を表層的には思わせるものがあるようです。この運動を金銭面で支援したのが国際金融資本であるというのがポイントですが。

同地域での混乱により、原油価格が現在の高止まりから、さらに急騰する事態となれば、食糧価格の高騰に乗じたハイパーインフレにつながる下地を生むのではないかとも懸念する見方もあるようです。

現在、すでにイギリスはリビアへの同国軍隊の派遣準備を進めているとされており、米国に及んでは、反政府側への支援を表明している模様です。

仮に、イギリス軍のリビア派遣、米国によるリビア空爆などが起こるようなことがあれば、英米対アルカイダ勢力というアフガニスタンの対立構造を引きこおして中近東域での地政学的な不安は増大の一途なるのかもしれませんね。?

因みに、ファティマの第三の予言にある第三次世界大戦では、核戦争が発生するという暗示があるのですが、このリビアにもかっては核疑惑があったと思います。同国の内乱で、核弾頭が散逸するいうなことがあるのはこの核戦争という視点では極めて危険なリスクともなるのでしょう。

同予言の内容からして、2013年6月13日が第三次世界大戦の勃発となるか、人類最期の日となるか、気になるところではあります。(笑)

因みに、ついにロシアが日本でいう北方領土に射程距離300Km、200kgの弾頭搭載が可能な(Yakhont)ミサイルを配備する計画であると発表しています。

これは、続端能神歌にあるロシアの日本侵略作戦を具現化するような内容でもある。仮に、これに核弾頭が搭載されれば、「華のお江戸は原爆や水爆の音草もなき、----」という悲惨な光景を見ることになるのでしょう。至近距離が発射される核ミサイルをPAC3で迎撃可能なのでしょうか?

方や、中国は2ケタ台の軍事増強で、沖縄進行作戦を着実に進めているのでしょうか?

子供手当のような法案で議会が紛糾しているような暇は、今の日本には本当はないという現実を認識せざるえない時はそう遠くないような気が個人的にはしています。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

やはり、巨大な太陽フレアの影響はあったのかも?

2/22、南極では、荘厳な?オーロラが観測されたようですね。

これで済めば、良かったところですが、ニュージーランド南島にある有名な観光都市ではM6.3の地震が本日発生しており、2/21にはフィリピン中部のブルサン火山が噴火しています。

クライスチャーチの地震も昨年同地域付近で発生したM7.0の相当な時間差での余震とする専門家のコメントもあり、フィリピンの火山は、昨年からあちらこちらで噴火が始まっており、太陽フレアとは全く無関係とするのは自然な見方でしょうが。

ここで、なぜ地殻内エネルギーが大きくなる理由として、HAARPによる電離層加熱による低周波発生があるように、大型の太陽フレアによる局所的な電離層加熱状態が起こり、ELFが発生し地殻内エネルギーを励起するということがありうるのではないかと勝ってに想像しています。

そうであれば、惑星X接近による太陽活動の極大化と太陽フレアの強力化により、2011年中ごろまでには、大型地震の頻発と火山噴火の増加は起こるとする予測は、理解できるような気もしますが???

この惑星X接近で、2012年に大地震で崩壊する都市にサンフランシスコと東京があるとされる。あのイエローストーンもこの大爆発があるのではないかとされていますから、富士山もこのくらいには噴火するかもしれないですね。(笑)

因みに、政府関係の地震予測研究会等は、すでに関東直下型地震等の大きな地震発生時期も場所もほぼ予測済みであるが、株価や国債価格、為替に影響がでるとして発生直前まで一般国民には公開されないとするという小説があるが、それが事実とすれば、消費税の税率アップなどとんでもない話ですね。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

今回は事なきを得たようですね。

2006年12月以来最大の太陽フレアが今週末に地球に到達するとされ、何か大きな通信障害等が起きるのではないかと懸念する研究機関等もあったようですが、結果としては、中国のあるラジオ局で通信障害があったとのではないかとされる程度の影響しかなかったようですね。

今回は事なきを得て、とにかく良かったですね。

そうはいうものの、次回の発生する強力な太陽フレア(パーフェクトストームも含め)が、我々の日常生活に大きな被害を与えないという保証はないでしょうから、太陽活動が2012~2013年に極大期を迎えるとされる状況下では、全く無関心な現象として世間で認識されるのは危機管理という観点ではリスクの高いことかもしれません。

巷で語られる惑星X接近説が、現実化するような状況となれば、今回のようなオーロラ現象がどこそこで見えたではすまない事態となるのでしょうが。







テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

巨大な太陽フレアが観測されたとのこと。

2/15、巨大な太陽フレアが観測されており、2/17には地球到達とのこと。

これにより、人工衛星を使った通信等には少なからぬ影響が数日間続くのではないか、つまり衛星放送の映りが悪いと見れない等の問題が起きるのではないかと懸念されているようです。

このような巨大な太陽フレアが発生するという現象は、惑星X接近説では、2011年5月ごろから2012年12月末にかけてますます増加していくとされています。

このような状況では、携帯電話がうまく使えない状況になるとされています。

仮に、今回の巨大な太陽フレアが、惑星Xの接近によるものとすれば、2013年2月には人類は滅亡することになるとされます。

このような仮説を戯言として一蹴するもよし、少し真剣に懸念するもよしですね。(笑)

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

泣きっ面に蜂とは言えぬが。北朝鮮での口蹄疫発生事態の深刻さ!

北朝鮮で、現在国内でも昨年宮崎県で発生した口蹄疫が発生したとの報告されています。関係筋の報告では、牛や豚で1万頭以上に感染は確認されているとのこと。同国政府は、この対策に追われているとのこと。

北朝鮮では、それまでの水害等により、昨年、主食である米の値段が30倍となる異常な食糧価格高騰が発生しているとされています。もはや、中国からの食糧援助がなけれれば同国内での食糧確保は不可能とされていますが、今回の口蹄疫で発生で、貴重なタンパク質源も少なからぬ影響を受けることは必至でしょう。

もっとも、同国でまともに牛や豚などの食材を口にできる人口比率はあまり高くないかもしれませんがね。

そうは言うものの、中国の穀倉地帯も大干ばつの影響を免れることは難しいと懸念される中、北朝鮮をどこまでサポートできるか。?

すでに、世界中で食料品の価格高騰が始まっており、今回のエジプトにおける民主化暴動も食にもことを欠く事態が進展した為とみる見方もあります。

つまりは、北朝鮮内部で、このような飢饉状態で、どこまで国民をコントロールできるかが今後気にかかる所です。仮に、北朝鮮は韓国へ挑発的な動きを取るようなことがあれば、このような局面打開を図る為のものかもしれませんね。

話は変わりますが、韓国でも昨年口蹄疫発生の情報があった記憶がありますが、口蹄疫とはそんなに感染力が高い病気なのでしょうか。それにしても極東の一部で、このように時期をそうずらすことなく発生するのは単なる偶然なのでしょうか?

因みに、ある陰謀説による、グローバル2000という人口削減計画があるとのこと。確かに、このまま人口が増え続けていけば、グローバルにみれば、本当に食糧が足りなくなるような感じはしますね。いわゆる嗜好品と言われてきたコーヒー豆の価格が高騰していくのは、その端緒を思わせるものがあるのではないのでしょうか。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

中国、200年ぶりの大干ばつによる小麦価格の急騰必至?

すでに、中近東諸国での食料品価格の高騰が発生しているとのこと。

現在、中国の小麦生産地区は、過去60年間に類をみない大干ばつに襲われており、このまま今月末までに降水がないと200年ぶりの歴史的な大干ばつになると当局では危惧されているようですね。

1400万ヘクタールの小麦生産地区中、1275万ヘクタールが干ばつの影響を受けており、このままでは過去60年間で最悪の収穫量になるのでは懸念されているとのと。


投機マネー、新興国需要および気象異常による食糧品価格の高騰は、コーヒーをはじめ、各種食料品の価格高騰という形で、デフレの日本を襲い始めたようですね。

このような食料品価格の高騰は、聖徳太子の未来記中第7章にも、以下の記述に示唆されているようです。

又起三災 一者兵乱災 二者疾病災 三者飢饉災

また今回の干ばつもこの件にあるようです。

因みに、惑星X接近説によれば、2011年中ごろ迄には、有史以来未曾有の変動を経験することになるとされており、このような自然災害の増加による、民族や経済紛争が起こりやすくとなるとしています。

これは、チュニジアやエジプトで今起こっている紛争を見れば理解しやすいことなのでしょうね。

ともかく、今後小麦粉製品の価格急騰は、間違いなく起こりそうですね。

パスタや乾麺は、今のうちに備蓄準備を始めたほうがよさそうですね。(笑)

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >