スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から人類運命?の2012年です。

聖徳太子の未然記、日月神示や聖書の暗号などに示される日本民族艱難?の始まりとなるような大地震が発生した2011年も本日で終わります。明日からは、マヤ歴でいう人類滅亡の年という2012年に突入します。

経済予測する各種雑誌や書籍からも来年はいよいよ世界大恐慌や資本主義終焉や金価格の暴騰や暴落、はては第三次世界大戦勃発など世界統一政府樹立プロジェクトの年次計画をコピーした内容になっているようなものも少なくないような感じです。(笑)

確かに冒頭に記した予言書でも、確実に来年も厳しい感じですから。

特に来年5月には皆既日食があるとか。先の皆既月食では対して少し不安な話もありましたが、事なきを得て良かったですね。

まず当たらないと個人的に思うジュセリーヌ氏の予知夢では、2012年3/17 大阪 M8.9、11/12 大分か鹿児島でM5.7とか?

因みに、Earthquake prediction のサイトでは、本日東京は95%、神奈川は93%とかの確率で大きな地震がくるとか。このサイト情報は、総論的には外れてはいないが各論的には予知夢の域を出ていないので心配無用と思いますが。

一部の地震予知研究家筋情報では、昨日から年明けは危険ゾーンと目されているようですが。

大地動乱に政経混迷の時代ですが、良い年をお迎えください。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

2012年も明るい年になる感じではなさそうですね。?

2011年も残すところ、あと一日となりました。

個人的に良く当たると評価しています「地球核力激震10年」の主要な出来事で今年予想されていた内容にあった世界争乱の大危機、核事故による危機、国際関係の矛盾変換という点は、まさにその通りでしたね。

中近東における独裁政治崩壊とイランの核開発進展など、そして朝鮮半島の不安定化など。

核事故は、福島原発や人工衛星の核燃料部の地球落下など。

国際関係の矛盾がどう転換していったというと簡単な話ではないようですが、欧州ソブリン危機、米国デフォルト騒ぎなど、まさに国債にまつわる話は多くでました。

総論的に、2011年は暗くて重い年であるという内容でしたが、結果としてはその通りという感じですね。

同書によれば、2012年も以下のような重苦しい感じとされています。

大水害、水脈汚染による危機(台風とか地震による津波?)

国家内権力闘争と南北国家間の紛争調整(民主党はどう選挙選を戦うのか、正恩氏の外交手腕?)

前年未解決問題を引きずる不穏な年(欧州ソブリン危機はどうなるか?)

希望の持てない日々が続く極めて暗い一年、逼迫困窮した社会情勢
(景気回復は当面無理、増税国家へ邁進する日本?)

そうはいうもののは、2013年の予想に比べればまだマシかな。

2013年には、超大型地震の大脅威とあり、近代史上に残る社会変動、天変地異の一年となるとされていますから。

巷では、今年年末から来年年初にかけて大きな地震くると懸念される方もおられるようですが(笑)



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

本日、クライスチャーチでM5.8地震発生、

12/23、NZのクライスチャーチでM5.3の地震が発生しました。米国のquake-prediticionと呼ばれる地震研究機関では、12/23の地震発生確率は70%を超えていました。

同地域では、今年、東日本大地震(3/11)が発生する2/22にもM6.3程度の地震が発生しています。
このNZでの地震発生から18日後三陸沖震源の大型地震による津波が福島第一原発を襲ったのです。

quake-prediticionのデータでは、本日時点、三陸方面で大きな地震が発生する確率はやはり70%を超えています。因みに、国内トップは宮崎県が80%です。関東地区は60%強とされています。

仮に、今回のNZで発生した地震が、前回と同様な影響を日本に与えると想像すると、18日後の1/10前後に何か大きな地震が前回と同様な地域で発生するのではないかと考えるのは稀有でしょうが、北大研究室の地震予想?では今年末から来年はじめにかけて、M9クラスの大地震があるとされていたようで気になるところではありますね。

特に、前回のプレートの割れ残りがあるとされる房総沖、青森沖が危険ではないかとする東洋大教授の話もあります。

聖書の暗号、聖徳太子の予言等では、日本はこの大地動乱の時期を避けて通ることは難しいとされているようです。

イルカの大群が沿岸に現れたり、深海魚の竜宮の使いが関東の海岸に打ちあがるなどのニュースもあり、無事に年を越せるのかなという不安も否めない今日日ですね。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

本日、M6.7がメキシコで発生。

やはり、皆既月食の前後の地震発生が懸念はされてはいましたが、本日、メキシコでM6.7が発生し、首都の一部で停電が発生している状況とのこと。

米国のQuak Prediction によれば、CA州でのM6-M7クラスの地震発生が昨日起こるとの警告があったようです。
今回のメキシコで発生した地震が、かれらの警告していたものとどのような関係があるのか想像のしようがないところですが。

かれらの最新の予想では、本日時点で、高知、鳥取が71%、徳島65%、山形63%、岩手49%でM6以上の地震が発生するとのこと。因みにLOSはなお100%となっており、今回のメキシコ発生後も変更がなく、もう時間の問題という感じの予想になっていますね。?

日本では週刊誌等ではM9.0クラスの地震が東京を襲う日が近いといった予知的な意味合いではあまり根拠がなさそうな説明で不安をあおっていますね。

一部の地震研究者や予知夢や体感型予知者の話をまとめると、12月15日前後とは12月終わりから年初とか、1/4~1/7とかに巨大地震発生の恐れがあるとのこと。これらの科学的な根拠が乏しい情報で、転居するなどの人生を大きく変えるような決断をするような人はまれでしょうが。(笑)

個人的には、100%当たると思う内容を示す「地球核力激震10年 2004-2013」によれば、本当に3連続発生すると懸念される南海、東海、東南海の大地震が日本列島を襲うのは2013年だと想像しています。

とにかく根拠のない地震話にはもうこりごりという方も多いでしょうね。

今回はHAARP(アラスカ固定装置分)に特に大きな出力変動も観測されなかったので、今回のメキシコ地震は環太平洋域での増加する自然現象なのでしょうか。? 皆既日食によるトリガーがあったかどうか想像もつきませんが。(笑)

不思議に感じることは、米国では地震予知研究が日本より進んでいるのでしょうか。既に日本でも相当なレベルで科学的な地震予知が確立されてはいるが、政府のなんらかの意図で公開が十分にされていないのではないかとも感じてしまいます。

福島被災地の復興(現地の現状回復計画)がなぜか当初の期待に比べて、結構遅れているかはこの辺にその背景があるのでは個人的には妄想しています。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >