スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏直下型地震は切迫しているのでしょうか。

ここ数日、TVでは首都圏直下型地震による想定被害規模増大を受けて各種コンテンツを流しているようですね。

確かに、東京湾北部震源とかなると、首都圏はまさに死都圏となるようですね。

このような番組が多いのは、それなりの意味があることなのでしょうが。震度7クラスの地震へどう準備するかなど考えても、結局のところ、頭の体操の域を超えないのでしょうね。確実に助かる方法は、その大地震発生時に首都圏にいないことですから。(笑)

日月神示では、「エドは何うしても火の海ぞ、それより外やり方ないと神々様申して居られるぞ」と表記されているそうで、首都圏の壊滅的崩壊は不可避とされています。

そのような大災害が起こるのは、5月、9月、10月が気をつけるべき月とされており、数字的には8と18が同様に危ないと記されています。

また、聖徳太子の未来記の14章でも、陰陽道的な解釈では日本が末法の世となると壊滅的被害をもたらす大地震の罰がくると読み取れる内容があるようです。

今がこの末法の世かどうか、もっと酷い世の中がくる時代を示すのか不明ですが、国際政治学的な見識の乏しい素人にみても、日本の政局の混乱と国家危機管理の脆弱さはこの聖徳太子がいう末法的であるのではないのでしょうか。

前述の日月神示では、日本国は禊をうけて人口は今の1/3になるとか。大地震と津波、原発倒壊による核汚染でそうなると暗示しているのでしょうか。?

もうすぐGWですから、来るならその後にしてもらいたいものですね。(笑)



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >