スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーの核兵器開発の真偽

北朝鮮の不審な貨物船は、結局、目的地とされていたミャンマーのある港へ行かず、北朝鮮に帰ったことを覚えていますか。

この貨物船には、ミャンマー政府が北朝鮮と極秘裏に開発を進める核関連技術とスカッド型ミサイル本体または構造部品が積まれていたのでは見る向きもあります。

確かな証拠があれば、強制捜査をすることができたのかもしれませんが、今回は、何もなかったという結末になっています。

ただ、これまでにミャンマー政府が核開発を北朝鮮と一緒にやっているのでは疑惑は上がっています。

あのシリアもロシアに核開発にかんする要請をしたようですが、相手にされず、北朝鮮と開発を行った経緯がるようで、ミャンマー政府もこれと似たような話ではないかと見る向きもあります。

ただ、確固たる証拠がないのも事実です。

その内に、ミャンマーでの核実験成功というようなニュースが出るまでは、真偽は不明のままということでしょうか。

北朝鮮同様に、反米精神旺盛な同国にとっては、この核開発が成功するかどうかは、国家維持を賭けたものなのでしょうか。

この両国は、確かに小国で貧しいの事実ですがが、米国に頭をさげないで、自国の道は自分で切り開こうとする点に関しては、裸の王様であることに気がつかないアジアのある自称先進国の政治屋さんは尊敬すべき所も多いのではないのでしょうか。

一方、今後、北朝鮮やイランを中心に核の拡散が大きくなるような状況は、避けられない所まで来ているような感じですね。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >