スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア原潜2隻が米東海岸沖の公海航行の意味

今月4日、ロシアの攻撃型のアクラ級原潜の2隻が約10年ぶりに米東海岸沖を航海したと米紙が報じたとのこと。

公海上とはいえども、ロシア原潜が久しぶりに出現したのですね。

米国では、かっての冷戦時代を想起させる出来事ではとも評されているようです。

現在、オバマ大統領は米ロ関係の改善を進めており、あまり気にしないことになっていますが。

欧州では、グルジア紛争を通じて、旧ソ連時代の覇権主義復活を宣言してきたようであり、今度は原潜により公海上で米国接近を行うという軍事的なパワーでは十分に余裕があることを見せているのでしょう。

軍事的な意味で、強いロシアが復活したようです。

そのロシアがバックアップするイラン、北朝鮮そしてミャンマーは核開発を進めており、米国が進める核の非拡散化を抑制する環境を作っているような感じです。

ある意味で、核開発に関する冷戦構造が今存在するのでしょうか。

北朝鮮の核開発放棄というテーマは、核廃絶という人類の願いと同じくらいに、現実的に難しいことなのかもしれませんね。



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >