スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青魚と赤鳥の意味

聖徳太子の未然紀にある第五百歳の出来事(1992-2021)には、
「青魚躍りて四海を呑む 赤鳥囚れて六浪に没す」という表現があるとのこと。

この青魚をロシアやプーチンとみれば、グルジア問題やロシア原潜が米東海岸沖にまた出没しはじめた状況にはあてはまるかもしれませんね。

(日本人の感覚で、ロシア人は青い肌の人種という意味で、米国人は赤い肌の人種とすれば)
赤鳥は、アングロサクソン系国家つまり米国や英国であり、六浪とはイランやイラクの石油産出国をさしており、この地域で紛争に巻き込まれてしまっており、同地域での敗退や衰退の運命をとると見ると、現在の米国のイラク撤退やアフガニスタン進駐とあてはまるのでしょうか。

いずれにしても、今から1400年以上も前に預言された内容としては、よく当たっていることになります。

その次に予想される世界情勢も預言されていますが、内容からしてもうすぐ現実として確認できるものでないことを願います。



スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >