スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキスタンの核施設の危険性

パキスタンが管理している核関連施設は、2007年来、これまで3回の襲撃を受けているとのこと。

これらの核施設の多くは、同国内タリバンやアルカイダが実行支配している地域に近い場所にあるのもその一因ではないかと考えられているようです。

これまでの襲撃では、大事には至っていないようですが、潜在的に危険な状態にはあります。

これらの核施設のセキュリティは、厳重に設計されているとのことですが、一部の専門家の評としては、外部からの侵入に弱いとの指摘もあるようです。

核施設自体への破壊工作も危険ですが、核関連物質や機材の盗難等も大変懸念される事態となるでしょう。

かって、ロシアから盗まれた数個の核弾頭を使って、イランからイスラエルを攻撃して、第三次世界大戦を勃発させようと画策したある組織があったという話を聞いたことがあります。
本当の話だとすれば、怖いことですね。


2012年に、世界的な紛争(第三次世界大戦を含む)を引き起こしたいとするある国際金融資本傘下の組織もある準備を進めているとの話もありますが

聖徳太子の未然紀と未来記にも、世界統一政府軍対反統一政府軍の戦いが3年から7年続くのではないかと思われる記載があるようです。
因みに、世界統一政府軍は、米国やNATOが中心となり、反政府側は、ロシアと中国が中心になるのではないかと考えられています。


日本が、今のまま米国傘下であれば、ロシアと中国からの挟撃を受けることになり、霊界物語「続端能神歌」に書かれた惨状そのものになるということなのでしょうか。(預言を重ねわせたある想定として)

現実的な話に戻れば、核を持つという行為は、その管理面においても重要な責任を要求されています。

因みに、日本にあるのではないかとされる某国の核管理に、日本国政府はどこまで関与しているのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >