スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザの輸入ワクチンは、本当に安全なのでしょうか。

新型インフルエンザのワクチン不足が話題になっていますね。

日本国政府として、特例となる海外メーカーのワクチン輸入も検討していますが、この海外メーカーのワクチンには従来国内メーカーで使用していない成分があり、これに対する日本人での臨床試験もなく使用するのは危険とも考えられています。

一方では、ワクチンを接種しないと、感染時の致死率が上がるとされ、米国では9万近い死者がでるのでは懸念されている状況です。

また、このワクチンを接種するかどうかは、個人の自己判断とされ、政府の何らかの保証も期待できそうにもありませんね。

ところで、本当かどうかは確かめようのないことでしょうが、ある国際資本による人口削減プログラム「グローバル2000」?という大量殺戮プログラムがあるという話があるとのこと。

これは、2010年までに数億人以上を死亡させるという恐ろしい計画のようです。

このプログラムで最も期待されているのは、インフルエンザ注射とされており、以下の状況が作り出されるとのこと。

Phase 1: マスコミにより全国的に、悪性の新型インフルエンザがもうすぐ流行する。
        (今回は、既に流行中?)
Phase 2: 新型インフルエンザのワクチンが不足し、老人や子供が優先的な接種対象となるだろうとされます。(今回は、少しニュアンスが違うようですが)

Phase 3: このワクチンの需要が高まり、生産が追いつかないという状況が再度アピールされ、接種は何としても必要という感覚にさせられる状況に陥る。
        (まだ、この段階にはないようですね。)

この3段階を経て、ワクチン接種が普及するにように仕掛けられるとされています。


もし、このワクチンに何か致死率の高い豚インフルエンザからとった変種が数種類が入っているようなことがあると、逆に危険なことになるとしています。

現実的には、このようなSF小説の世界を気にする必要はまずないでしょうが、輸入ワクチンは、日本国内でのしかるべき臨床試験でその副作用の有無を確認した上で、日本国内では使用されるようにして欲しいものです。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >