スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の新しい道」という論文にご不満な米国政府の本意とは。

この論文は、民主党の鳩山由紀夫代表が今月27日付の米紙に寄稿したものだそうです。

この論文では、日本国が、米国主導のグローバリゼーション下、行き過ぎた市場原理主義の犠牲になり、日本人が人間としての尊厳を喪失してまったと述べられているとのこと。

特に、今回の世界的な経済危機は、米国流自由市場経済理論を、デ・ファクト・スタンダードとして世界中に押しつけた為とし、民主党としては、この経済理論で見捨てられた非経済的な価値観も大事にしたいとされているとのこと。

国際的な観点では、中国がアジア一番、世界一番の経済大国になる中で、如何にこの日本国が、米中の間にあり、経済的な独立を保ち、国益を守れるかを懸念すべきでありとし、これはすべてのアジア国家の課題であるとしているとのこと。

さらに、過剰な国家主義的なイデオロギーを超えた、秩序ある経済協力と安全保障を確立していくべきであり、この目標に向かって、地域的な通貨統合、「アジア共通通貨」の実現を目標にすべきとしているとのこと。

この論文に対して、米国内では批判的な声が広がっているとのこと。

米国主導による経済のグローバリゼーションを否定的に捉えられた事に対する反発があるとのこと。

さらに懸念された点は、「アジア共通通貨」というアジア域での経済ブロックを示唆するコンセプトとされています。

確かに、G2という米中間の経済政策が、米国にとっての重要な経済指針にあることは事実でしょう。

日本が、今後経済回復と継続的な成長を成し遂げるには、もはや米国頼みでは限界であり、中国経済への依存度は年毎に増加する現状では、日本がその経済的な独立性と国家的な安全保障を両立させていくこと最善の道を探るのは不可避な事でしょう。

ここで、気になることは、米国では、一部の金融系企業での高額報酬がすでに復活してきているという点ですね。 基本的に、米国は自らの経済モデルを見直すこともなく、米国経済破綻の日を待っているのではないのでしょうか。

仮に、某国を中心とする世界統一政府?とかいう新世界秩序建設を目指すある国際資本組織があるとすれば、このアジア共通通貨は、将来厄介な存在になるのでしょうか。この世界統一政府による不換紙幣(ペーパーマネー)である世界統一通貨の導入に支障がでる恐れがあるのでしょうか。

そもそも、米国主導のグローバリズム戦略こそ、この国際資本組織が、各国の経済を米国でコントロールし、米国破綻後は、世界統一政府で管理する遠大な計画の下、実行されているという説もあるようです。米国破綻は、予定通り進んでいるようですが。?

これらの点を鑑みて、米国の一部からこの論文に批判が出ているのでしょうか。

本日現在の政権は、少なくともこれらの国際資本への良き理解者であり、忠実なスタッフであるのかもしれませんが。

個人的には、明日以降、どんな展開が日米間であるのか大変興味が湧きます。







スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >