スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月21日は、審判の日かどうか真剣に悩む人はいるようですね。

来月には2012年という映画が米国で公開されることもあり、マヤ歴が2012年12月21日で終わっており、米国の学生の中には真剣に人類最期の日が来るのでは悩む人がいるとのこと?

確かに、2012年12月21日は、25800年毎に起こる太陽系惑星の直列が起こるとされているようです。

ある説では、この時にポールシフトがおこることで、火山の爆発、大地震や大津波などが発生するとしていますが、専門家の話しでは、ポールシフトが起きたとしても100万年にせいぜい1度程度とのことで、2012年にそのようなことが起こる気配はないとしているとのこと。

実際、現地マヤ族の末裔の人々ですら、2012年にとんでもない天変地異がおこるなどはだれも考えていないとのこと。

むしろ、新しい周期の始まりとか新生の時というイメージすらあるようです。

このような人類最期の日という発想を好む西洋文明が、このマヤ歴を使って何か世界滅亡神話を創造し続けたきたのがどうも本当のところではないかとする見方もあります。

事実、あるマヤ歴では、4772年を示す碑文もあるとか。

映画2012年では、大地震、隕石、津波などによる人類の終末イメージを上手く表現していそうですね。

一方、この終末思想というのは意図的に創造されたものであるという考えも頭の片隅において置くののも、歴史的に見て多くの宗教には必ずこの種のファクターが折り込まれている点で、心配症な方には良いかもしれませんが。

聖徳太子の預言にすら末法の世に七難三災があるのですから。

ある陰謀説では、人工的にこの終末世界を演出し、世界中の多くの人をある周波数を使って洗脳をしようとしている世界統一政府樹立を目指す組織があるとか。まさに20世紀少年を地でいく方々もいうとか。

確かに、人工地震も大津波もHAARPで可能になったようですから、全くのSF小説ではないのかもしれませんが。(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >