スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアの先制核攻撃認可?第三次世界大戦への準備開始か?

ロシアでは、同国が大規模ながら地域限定がされる戦争においては、通常兵器による侵略を防ぐ目的で核を使用する行為について、年内中には同国大統領に正式に打診されるようです。

これは、米国が既に検討してきた戦術核というのものに相当するのでしょう。

この背景には、近年の紛争が規模より地域的な武力衝突に変わってきており、この種の武力衝突より同国防衛に、この戦術的な核の使用も有効ではないかという考えがあるとのこと。

確かに、ロシアはグルジア問題やウクライナとの関係悪化など周辺にはまさに地域的な紛争の種が多いところかもししれませんから、地域限定の先制核攻撃は、ある意味で核による抑止がそれらの地域に対しては、コスト的にも効果的にも期待されるものかもしれませんね。

一方、欧州においては、米国主導でのミサイル防衛システム導入計画を中止した矢先に、このロシアの先制核攻撃という話しはただならぬ感じもあることでしょう。

アジアでは、台湾、韓国がここに来て同国軍によるミサイル発射テストを始め、これを受けて北朝鮮もミサイル発射テストを増やしてきたようです。

米国の核の傘下にいるだけでは、もはや自国の防衛は難しいとの判断があるのでしょうか。確かに、米国が世界の警察としてあと何年機能するか、米国デフォルト(2011?)でも米軍がこれまでのように世界平和?の為に世界中で活動してくれるのか気になるところではありますね。

脳天気な日本人には、ピンとこないところがあるかもしれませんが。(笑)

イランの経済制裁強化すら、ロシアの反対で米国は実施できない雲行きです。イランの核開発完了の時がいつか。それが2012年とかになるのでしょうか。?

個人的に感じる所では、米国は、すでに第三次世界大戦にそなえて、中国との軍事的な交渉を始めるような気配があるようですね。

ある陰謀説では、中国・米国・イギリス VS ロシア・ドイツ・フランス・日本の対決になるとのこと。

日本は、何日中国からの攻撃に耐えられるのか。ロシア・ドイツの救援軍をどこで受けいれるのか、果たしてそれまでも持ちこたられるのかなど真剣に考えてもしょうがない話しですが。

少し気になる点では、聖徳太子の預言や日月神事、続端能神歌には、戦場と化した日本の姿が記載されているようです。

三百人委員会のオリジナルプランでは2012年に第三次世界大戦が計画されていたとはされていますが。?

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >