スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガニスタンでのISAFヘリコプター衝突発生の真相?

アフガニスタンに駐留する北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)によると、同国でISAFのヘリコプター墜落が2件相次ぎ、米兵など14人が死亡したとの情報があります。

この情報によれば、南部方面ではヘリ2機が墜落し、米兵4人が死亡し、ISAFの兵士2人が負傷したとされ、2機は空中で衝突したとされ、タリバンやアルカイダの攻撃ではなかったことが確認されたようで、原因などを詳しく調べている状況とのことです。

また西部では武装勢力の掃討作戦に参加したヘリ1機が墜落しており、麻薬取引に関与するグループの拠点とみられる場所を捜索をしていたさなかにヘリが何らかの原因で墜落したとされています。

両墜落事故の原因は、まだ究明中のようですね。

ある陰謀説によれば、このアフガニスタンはロシアが進駐支配した時期には、「死の光線兵器」と呼ばれるELF兵器の重要な実験場とされたいたとされています。

このELF(極低周波)は、米国HAARPでも利用されているようですが、人工地震をも引き起こすことも可能ではないかとされています。

また、ELFミサイルは電磁エネルギーをミサイルのように発射されるものですが、この攻撃を受けた航空機のエンジンが故障したりする例があったとされています。

今回のヘリの衝突は、突然の計器故障によりあの広いアフガニスタンの上空で起こったのかとか、何故がヘリのエンジンが突然故障したため、ヘリが墜落したのではないかと勝手に想像すると、このELFミサイルのような兵器が使用されたのではないのかとも推論もできそうな気がするのですが。

このELFスカラー兵器は、ある意味で非核であり、破壊力は核兵器以上とも言われるようで、第三次世界大戦は、核戦争ではなくて電磁エネルギーによる破壊が行われるのではないかと懸念されるのはやぶさかではないのかもしれませんね。

アルマゲドンが核戦争とは限らないようですね。

つまり、核軍縮しても非核の大量破壊兵器の減少にはならないということになってしまいますね。

ここにきて、米国大統領の核軍縮宣言の裏には、もう非核の大量破壊兵器の準備が整いつつあるという状況があるのでしょうかね。(?)
















スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >