スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・11テロに関わったアルカイダのパスポートが見つかったという報道の意味

米軍は、アルカイダ掃討作戦の一環として、パキスタンとアフガニスタンの国境エリアでの作戦を展開していたようです。

これと言った成果もないままに現地住民への被害も少なからぬもあったようですが、この作戦中にアルカイダの隠れ家的住居から、9・11テロの首謀者と容疑をかけられていたアルカイダのパスポートが発見されたとのこと。

アルカイダ勢力が、このアフガニスタンとパキスタンとの国境エリアでその活動を推進していた証拠ではないかと目されているようです。

そうなれば、今回の同エリアの掃討作戦も、米国にとっては価値があったといことになります。

NATOおよび米軍とのアフガニスタンにおけるタリバンとの戦闘状態は、ベトナム的な泥沼化した長期戦の様相がある中、米国は米軍の増員を図ろうとしています。

今回の9・11テロ容疑者のパスポート発見で、米国民がタリバンと戦う意味を改めて確認させるに格好な材料になるのでしょうね。

第二次世界大戦では、日本の真珠湾攻撃の悲惨さや硫黄島での壮絶な攻防戦が、米国民の愛国心を奮い立たせたという説もあります。

ある陰謀説では、9・11テロは、世界統一政府を目論むある金融資本により周到に企画された計画であり、アルカイダは上手く世論形成に利用されているに過ぎないとしています。

この真偽は不明ですが、米国がアフガニスタンでの戦闘をやめる気は当面ないのは間違いなさそうな感じですね。

一方、ウラン濃縮を巡ってイランと米国が議論していますが、イランとしては濃縮用イランを全て国外に渡すなど容易に受け入れることは難しいとしており、イランに核兵器の開発をさせたくない米国や欧州とはまだ溝が大きいようですね。

イランとの交渉が本当に決裂するようなことがあれば、三百人委員会の計画通りに、イランでの核開発が進み、ついには2012年に中近東での第三次世界大戦勃発ということになってしまうのでしょうか。(笑)


スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >