スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国における銃乱射を日本人はどう見ているのでしょうか。

米国では、今月5日、テキサス州のフォートフッド陸軍基地で、近くアフガニスタンかイラクへ派遣予定だった陸軍少佐の精神科軍医による銃乱射事件が起きました。

また翌日には、フロリダ州オーランドでは、市内のオフィスビルの8階で、40歳男による発砲事件が起き、1人が死亡、5人が負傷したのこと。

前者の銃乱射は、海兵隊員がイラクやアフガニスタンへの派遣が決まりかけたことが原因とされ、後者は、勤務先の会社からの解雇がその動機とされているようです。

米国では、大学構内での銃乱射など過去にも発生していますね。

銃刀法で武器を持てない日本人にとっては、これらの乱射事件は銃器が一般に所有可能な米国独特のリスクとしか思えないかもしれませんね。

日本社会でも、過去には日本刀や槍など旧家でも先祖伝来の品と普通に一般家庭においておくことが出来た時代があるそうですが。

米国のオバマ大統領は、この銃乱射事件を追悼の為に、今回の来日日程を変更しているとのこと。

因みに、同大統領が、米国内での銃所有規制を強化したいとする意向があり、大統領就任前から、米国内の銃器ショップでは規制強化を恐れた人々で賑わったとされていたようです。

では、何故、米国人が自分で銃器を所有したがるのかは、米国誕生の歴史などの観点からも、多様な考え方があるようですが、単純に考えてみれば、武器(銃器)を持たない国民は、国家権力にその自由と安全を脅かされやすいという側面があるのではないのでしょうか。

例えば、日本でいうと、秀吉が刀狩りによる農民一揆の発生を抑えようとしたとされています。

この論理で、米国で銃規制が強化され、銃の所有が禁じられるようになると今後、どのような事態が回避できるのでしょうか。

ある陰謀説では、現在、失業率が26年ぶりに10%を超えている米国経済ですが、将来的な展望もはっきりしないような状態が続くと、地域的な暴動が発生する可能性も高く、これが米国内乱に繋がる危険も100%ないとは言い切れないとしています。このような事態で、民間所有の銃器の存在は、極めてリスクの高いものになるとしています。

世界統一政府という組織が、非武装化した国民(人間牧場住人)を管理するには、銃器規制は大きな意味合いがあるとされ、銃器の剥奪から自主的な放棄を受けいれる為の世論形成(言葉による条件付け?)が、今回のような銃乱射事件の発生で確実に形成されていくのでしょうか。

日本が、もし何らかの理由で、外国の軍隊に占領されたとして、鍋や包丁ぐらいしか一般に個人で所有できそうな武器がないのが現状でしょう。(笑)

因みに、端能神歌や続端能神歌には、日本が北海道や三陸方面から海外の軍隊の侵略をうけるとの内容があるようです。

それにより、日本は8分割統治(占領)を受け、悲惨な時節を過ごすことになるそうです。

ある説では、2011年春までにはその兆しがあるとのこと?



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >