スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の記録的な米国の国家間武器販売

2009年度の米国政府による関連各国政府への武器販売高は、過去最高となる381億ドルとなる見通しとのこと。

その内訳は以下の通りです。

UAE:79億ドル
アフガニスタン:54億ドル
サウジアラビア:33億ドル
台湾:32億ドル
エジプト:21億ドル
イラク:16億ドル
NATO:9.25億ドル
オーストラリア:8.19億ドル
韓国:7.2億ドル

つまり、中近東向けだけ約200億ドルとなり、全体の50%以上を占めることになりますね。

2010年度も、同程度の武器販売金額(379億ドル超)が見込まれているようです。

米国国内でも、ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領は海外への武器販売について何らかの管理をして抑制すべきではないかとの声もあるようですね。

この武器販売は、米国とのアライアンスを示す重要な要素として同国ペンタゴンの重要なプログラムとされているとのこと。

米国経済の回復の兆しが不透明な中ではありますが、この武器製造関係の軍需産業はまさに絶好調という感じでしょうか。

ある陰謀説によれば、第三次世界大戦のような大がかりな戦争よりも、今世界各地で起こっている地域紛争やテロ掃討作戦のほうが、軍需産業と結託した国際金融資本には、より収益性が高いものであるとしています。

実際のところ、核戦争となれば、これらの国際金融資本がもつ世界各地の資産すら灰となり大きな損失となる訳ですから、核は不拡散賛成だが、通常兵器の軍縮は無視というのが、米国の本音なのでしょうかね。??

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >