スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの新兵器開発

イランの核開発疑惑?により米国を中心にIAEAによるイラン国内の核施設査察の強化と経済制裁強化への中国やロシアの前向きな発言もあるなかですが、イランのミサイル攻撃を最も恐れているイスラエルは、同国独自のミサイル迎撃システムを開発中とのこと。

このミサイル迎撃システムでは、金属性の微粉弾を対象となるミサイルの周囲に発生させ、ゾーンでの迎撃を可能とするものとされており、従来のミサイル単体での直接的な迎撃とはコンセプトとは異なるもののようです。

既に、ガザ地区やレバノン郊外での本システムによる迎撃試験は成功したとはされています。

しかしながら、ある専門家筋の情報としては、限定的な数量のミサイル攻撃への迎撃システムとしては一定の評価ができるが、本格的なミサイル攻撃を主体とした戦争にはコスト的な面でも現実的ではないとされているようです。

因みに、イスラエルは3隻の独製ドルフィン級潜水艦を所有しており、あと2隻の同潜水艦を購入する予定であり、この潜水艦は核弾頭を発射できるものとされているとのこと。

イスラエルは、否定はしていますが、核弾頭ミサイルを持っているのは疑う余地のないところとされています。

結局、最終的な切り札は、この核弾頭にあることは間違いないとされています。

また同国は、より命中精度の高い爆弾の開発を進めており、この爆弾は爆発前に警報音をだして標的付近在住住民の避難を促すという人命への配慮がされているとのこと。

破壊はするが、人命は尊重するというコンセプトということで、諸外国からの避難を交わす目的があるのでしょうか。

やはりイスラエルが、ある陰謀説によれば、2012年に予定されている第三次世界大戦の勃発シナリオのメインキャストの1人であるのは避けられないことなのでしょうか。

聖徳太子の預言にも、この中近東での60日間に及ぶ戦争が暗示されている内容があるとのこと。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >