スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖徳太子の「未然本紀」に示される人類滅亡の年は?

聖徳太子の「未然本紀」によると、人類の滅亡が2030年となっているとのこと。

九大を損じて、先日没み、満乗微える。天、不義を憎んで怪物を下す。

との記述があるとされます。

聖徳太子の「未来紀」第14章中には、

厳石は眼口を現し、夜半に日輪を見、 北方に月輪を出さん

との記述があります。

人類の滅亡の原因となる共通の何かを示しているのでしょうか。

幾つかの諸説からすると、前半は、人類が住む地球環境の激しい変動を示しており、後半部分は、惑星Xの接近や隕石の衝突などの外宇宙的な要素を示唆しているようだと個人的には感じています。

2012年には、人類は滅亡するということはないのでしょうが、2030年まで生き残るのは大変なことなのかもしれませんね。?

因みに、ハイチの地震では、火災の発生はあまりなかったような感じでしたね。東京で同等規模の地震がくれば、
今回のハイチ地震の被災状況を遙かに超えた世界になると思うとぞっとしてしまいます。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >