スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国、トヨタ・カムリの三件のエンジン急加速による死亡事故の原因とは?

米国では、2005年モデルのカムリで、三件のエンジンの急加速による死亡事故があったとされています。

この三件とも、ドライバーが年齢70歳以上の方とされており、事故の原因については、運転操作ミスからスロットルの電子制御上の問題まで想定されており、これらの事故発生時点で、米国トヨタによるこれらの事故原因の究明が十分になされておらず、現在ではその検証が難しいとも見られています。

現在、このスロットル電子制御等に関して、設計上の問題が無かったどうか議論されているようですね。

因みに、2007年に、米国関係機関がレクサスES350で、外部磁場(電磁波)の影響を調査した結果、エンジンの回転数には僅かな影響があったとされていますが、それも毎分1000回転程度の増加であり、アイドリング時の回転程度であり、事故に繋がるような急加速との因果関係ははっきりしなっかたとされています。

話しは変わりますが、米国では、地表約1.8mの高さで周波数10.2~13.6キロヘルツの地上波が伝播しているとする説があります。

この地上波は、「SANGUINEシステム」と呼ばれる暗号名「OMEGA」により使用される米海軍原子力潜水艦用のサポートシステムとされています。

このOMEGAシステムにより、米国は、上空の軍事用人工衛星が壊滅しても、地下に埋蔵されたOMEGAコイルによる地上波により、原子力潜水艦の航行及ぶ核弾頭ミサイルの誘導が米国本土から可能となる優れものとされているようです。
これは、ロシアの核の先制攻撃を受けた場合の報復核攻撃には重要な役割になるとのこと。

このOMEGAコイルは、400キロ間隔で米国全土に埋設(設置)されているとのこと。

日本にも、一カ所あるそうです。(この場所が、米軍基地移転時の重要懸念事項なのかもしれませんね。?)

話しを戻せば、米国の道路にはこの種の地上波であふれているとうことで、ただでさえ外部磁場(電磁波)による影響を避けたいセンサーやECUなどの車載用電子部品にとっては、迷惑な話であることは間違いないかもしれませんね。

この外部電磁場の影響という点では、聖徳太子の預言にも示唆されている惑星X(ニビル)の太陽系接近により太陽フレアの極大化などの影響もあり、2012年頃までには電子機器の制御異常等の多発がおこるのではないかと観る説もあります。

ハイブリッドやEVなど車載電子部品の増加と高度化が進む今日日、このようなことが本当に起こって欲しくないものです。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >