スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球接近天体(NEO)が地球に衝突する日の預言か?

つい先頃、小惑星(大隕石)が地球に衝突した為とすることで、恐竜大絶滅の原因に決着がついたようですね。

実際の所、地球接近天体(NEO)と称される軌道が太陽から見て地球までの距離の1.3倍より内側に入る小惑星や彗星が、現在6000個以上発見されているとのこと。

現在、最も地球に衝突するのではないかと危惧されているのが小惑星「アポフィス」と言われており、2029年の衝突予測があったのですが、現在の2036年の衝突説とされています。

このような映画「ディープ・インパクト」のような状況を、聖徳太子の「未来記」第14章の以下の所、

「巖石現眼口 夜半見日輪 北方出月輪」

に示唆されているのではないかとする説もあります。

聖徳太子の預言による人類滅亡は2030年頃とする説もあり、今回衝突が危惧される小惑星「アポフィス」もその有力候補の1つなのかもしれませんが。

因みに、今年はM6クラス以上の地震の発生が立て続けに起こっていますが、この大型地震の発生も、惑星X(ニビル惑星)が2012年にかけて太陽に最接近することで増加するものとする説もあります。

話しは変わりますが、地球が全球凍結をした時代も確認されていますから、地表は1つの生命体やそれに付属する文明が未来永劫的に継続するには基本的に不可能な環境なのでしょう。

火星への有人探査も本格的に検討されるのでしょうが、地球空洞説ではありませんが、早く地球内深部の有人調査も進めてもらいたいものですね。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >