スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党のある議員の9・11陰謀説言及に関する米紙酷評の意味とは?

ある米紙が、最近の社説で、民主党のある議員が同紙のインタビューに際し、2001年9月11日の米同時テロがテロリストの仕業ではなかったという「陰謀説」を示唆したとし、このような言動が立場ある政府関係者から出てくるのは、民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものではないかと酷評しているようですね。

この民主党の議員が、9・11米同時テロが多くの人が信じ込まされているアルカイダの攻撃ではなく、ある国際資本の利益追求の為に実施されたというような空想的な、正気とは思えない発言したことを揶揄しているとのこと。

このようなある意味で辛辣なコメントは、現在、日米間で解決を模索している沖縄の米軍基地移転問題における進展の悪さを示唆するものであることは疑う余地のないところでしょう。

この9・11陰謀説は、幾つかの説があり、米軍によるミサイル攻撃説や時限爆弾説も飛び出すものです。

最も、米国内ですら本当はテロの攻撃ではないという見方も根強く残っている中で、日本の政府関係者から陰謀説が語られるというのは、国際資本を形成する世界統一政府推進Gr一派からみれば、不愉快であることは事実でしょう。

この陰謀説の世界では、アルカイダはCIAの工作機関であり、過激派のタリバンもその関連組織下にあり、アフガニスタンでの現在の紛争は一連の大芝居であり、石油利権の確保ができたイラクからの撤退を正当化する為のシナリオ上にあるとする見方もあるようですね。?

このような本当にあるかどうかは不明の陰謀説についても、聖徳太子の預言書「未来記」では、その第六章にて、

「 故に変じて比丘の形と作りて東海の中の小国に於いて出生し、徒党を立て邪法を弘め、衆生を惑わし地獄に堕と令める 」

とされる箇所で、示唆してはいるのではないかとする説もあるようです。

ここで言う邪法が、テロとの戦いという大義名分だとイメージすればよいのでしょうか?





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >