スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガニスタンのアヘン栽培量削減は現実的に不可能なのでしょうか。

米国やNATOにおけるアフガニタンでの都市部制圧の大きな目的の中に、アフガニスタン国内で生産されるアヘンの取り締まりと将来的な削減があるとされています。

タリバンが、このアヘン売買の利益による抗争資金を調達しており、タリバン制圧にはこの資金源を絶つのが効果的とも考えれているのですが、米国もこのアヘン生産の取り締まりは、現実的には難しいのではないかと考えているようですね。

因みに、世界で消費される90%以上のアヘンの生産地であるアフガニスタンでは、全人口が2500万人から3000万人といわれています。そのうち、約140万人がこのアヘン関連の仕事に従事しているとされています。

同国でのアヘン栽培から他の作物への転換は国連を通じて推し進められては来たものの、この現状にあるというのが事実なようです。

もとより、米軍の石油がでないアフガニスタンへの進駐は、アヘン利権の確保にあったとする陰謀説も存在していますから、米軍がアヘン生産削減に真剣になるはずがないとしても不思議ではないかもしれませんが。

ここで、何故アヘン利権が米軍にとって重要な収益源かという点で、CIAへの闇資金とか、同地域での危機的な対立構造をタリバンなどの反政府組織への支援資金とか言及する説もあるようですね。

つまり、どこかで地域紛争を起こして、戦争を継続することが、必要とされる背景があるようですね。

言い換えると、国際的なある緊張状態とそれに付随する紛争は、フランス革命以降、幾つかの国際資本により周到に企画されてきたものではないかとの歴史的な視点で見直せばわかりやすいとする陰謀説もあり、明治以降第二次世界大戦へ日本が進むべくして進まされたように、第三次世界大戦もその既定路線にあるとすれば、不可避なものになるのでしょうか?

聖徳太子の予言にも、第三次世界大戦を経験するのではないかと示唆する内容がありますね。



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >