スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drone(ドローン)による実戦評価試験結果は上出来のようですね。

現在、C.I.A指揮下で行われている無人偵察攻撃機(Drone)によるパキスタン領内のアルカイダ掃討作戦の結果は上々とのことだそうです。

この無人偵察攻撃機は、一度に4機も使用され、24時間遠隔操縦されており、ターゲットされた標的への監視及び追跡を行い、必要に応じてミサイル攻撃を仕掛けるという優れものです。

このDroneの登場により、標的に登録されたテロ組織は、木の下で休憩することも危険な状態になったとされており、パキスタン領内のアルカイダ系テロ組織の掃討が予想以上に進んでいるようですね。

また標的となった組織関係者といるだけで、まったく無関係の人も攻撃をうけるとされ、同地域でのアルカイダ系テロ組織の活動が鈍ってきたともされています。

この無人偵察攻撃機が、実戦面で評価されており、今後この種の兵器開発がより積極的になるかもしれませんね。?

一方、オバマ大統領は、核の不拡散に重点をおく核軍縮を進めるとしていますが、通常兵器については特に触れていないのが現状です。

気がかりな点は、この種の無人偵察攻撃機が、高度化し空飛ぶロボット兵器(映画ターミネーターの未来地球での戦争シーンにでてくるイメージ?)となり、戦場だけではなく、日常の生活空間にも出没するようになるのではないかということですが、杞憂の域をこえない話でしょう。(笑)

因みに、聖徳太子の未来記の第14章の一節にある

   牛馬如人言語   魚膾生羽飛虚空

にある後半部は、何か弾道ミサイルとかこの種の無人偵察攻撃機を示唆しているのではないかと思うのは無理があるのでしょうか。

この前半部のイメージは、もはや聖徳太子の視点では、本来あるべき”人”としてはもはや認識ができない人類しか末法の世には生きていないという意味なのでしょうか。???


スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >