スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランの核弾頭開発は、2012年に完了するのか。

米国政府機関の調査によれば、イランは、あと一年以内に核弾頭に利用可能なレベルの濃縮ウランを製造できるようになるとしているようです。もっとも、実戦に使用できる核弾頭を同国が製造できるようになるには、あと2年から5年はかかるとは見ているようです。

つまり最短では、2012年にはイランが核弾頭搭載ミサイルの実戦配備にこぎつけるということになるということでしょう。

ここで懸念されるのが、イスラエルとして、平和的にイランの核弾頭開発を止めることは不可能と判断し、同国核施設への空爆しかないという結論に達することです。

この空爆が、イスラエル単独ではその目的を果たすことが難しいともされ、米国政府の承認が前提されるものでもあります。

一方、米国関係筋の見方としては、仮にこの作戦が成功しても、イランの核弾頭開発を一年から三年前レベルに戻すことしか期待できないとしています。

さらに、シリアがヒズボラに長距離射程のスカッド-Dミサイルの供給したとイスラエルが同国へ抗議している模様です。

このスカッド-Dミサイルがヒズボラにより実戦配備されることは、同地域の軍事的バランスに大きな影響を与えるものとされています。

このヒズボラは、イランに支援された組織であり、イランがイスラエルに空爆された場合には、このスカッドミサイルでイスラエルを攻撃するのではないかという危惧もあるようですね。

こようにイランの核開発阻止が、現実的には難しいという状況が展開しているのでしょうか。

聖徳太子の預言にも示唆される中近東から始まる第三次世界大戦が、2012年頃に発生するに準備が着々と進んでいるとは思いたくはありませんが。



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >