スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン、イスラム法学者の警告の本当の意味?

イランの有力イスラム法学者が、「女性の服装の乱れがテヘランに大地震を引き起こす」と発言し、国内の反対勢力から強い批判を浴びているとのこと。

アフマディネジャド大統領がこの4月11日、数年のうちにもテヘランで大地震が発生する可能性を指摘し、500万人の市外への移住を含む対策を発表したばかりである。

確かに、テヘランも150年に一度は大きな地震が来るのではないかと心配されるような場所ではあるようですね。)

この有力イスラム法学者の言は、女性のベール着用規制への若い女性の不満を示唆したものとされています。

そうは言うものの、個人的には、何故、大地震という災害が敢えて引き合いに同法学者から出されたかという点が気にかかる所ですね。

イランでは、最近、大地震発生の懸念が高まっており、そう意味で言及されたという点は当然あるのでしょう。

因みに、イランは、現在米国の再三に渡る核開発中止の要請を無視するどころか、大規模な軍事演習すら行っています。
一方、米国は、PGSミサイルの開発計画を進め、将来的にはイランの核開発施設や核関連設備の破壊を目論んでいる観があるようですね。

然しながら、イランにとって最大の脅威は、陰謀説によく取り立たされるHAARPによる人工地震が同国で引き起こされることかもしれませんね。

ある仮説として、テヘランでの大型地震発生と同時に、イスラエルによる空爆がイランの核開発施設に実施されるとして、イスラエルの空爆による同施設の破壊か地震に伴うものかその施設の性格上区別がつきにくいものになるかもしれしれません。?

米国にしても、自然災害による破壊に関しては、何ら第三国から責められるものではなく、好都合であることは間違いないでしょう。

そういう意味では、テヘランの大地震は、イランにとっては極めて懸念されるものであり、ノアが大洪水がくるといったような感覚で、イスラム法学者が大地震がくると言及したという事はは、その背景にある本質的な危機を考慮している点では一定の評価されるものかもしれませんね。

なぜならば、このイラン大地震、イスラエル空爆作戦のあとには、聖徳太子の預言にもある中東戦争とそれに端を発する第三次世界大戦が続くかもしれませんから。

これは、あくまで一つの仮説に過ぎないのですが。(笑)










スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >