スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国CNCによる英語TV番組放送は、CNNやBBC報道への対応策となるのか。

中国CNCが、近々英語によるニュース、天気予報などのTV番組の試験放送を行う計画があると言われているようです。今年7月1日には、正式にTVチャンネルとして視聴できる予定となっているとのこと。

これまで、中国が海外メディアがネガティブな報道を恣意的に行っていると批判してきた観がありますが、特に人権問題に係わる内容(チベット問題など)では、細かい報道内容のチェックを行ってきたようですね。


今回の英語TV放送により、海外メディアの報道内容に対し、海外向けに中国側のカウンターコメントが自然に可能になるのもかもしれません。

これは、中国が今後、東アジアの中心の国になるための”大本営放送”的なネットワーク網の構築の足がかりとして捉えてどうかは想像の域を超えないと思いますが、東アジアの英語圏といわれるシンガポールをはじめ、非中国語圏での中国の政治的及び経済的なプレゼンスをさらに大きくしていく要素になることは否定できないと感じます。

日本の民主党が掲げる「東アジア共同体」が今後、実現するかどうかは不明ですが、仮に実現しても、この共同体では、中国が中心的な存在になり、日本は現在の日米間での相対的な地位同等の立場すら確保するのが難しいのではないかと懸念する説もあるようですね。

一方では、外国人参政権と移民の増加により、日本国の国力低下(失業率は一層増加するとか?)と政治的には第三国の干渉が増加して、最悪の場合、無血で日本国主権が消滅し、中国の自治区になるとする過激な意見をお持ちも方も巷にはいらっしゃるとのこと。?

そうなると、この中国の英語TV放送か中国語の放送が理解できないと、小説1984年にあるように、来週の食料配給情報すらわからない末法の日々が日本にきてしまうのでしょうか?(笑)

聖徳太子の預言「未来記」第14章には、末法の世には、中国が日本が政治的にも経済的にも衰退する時期を決して見逃さないと示唆しているようですが、中国がかっての蒙古来襲のように、政治的及び経済的視点で、何かを仕掛けくるのか気になるところではありますね。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >