スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間基地問題に見る日本における反政府運動の兆候?

現行与党における普天間基地移設問題の対外的な解決は、現行政府への激しい非難のもと、何とか決着したようですね。

そうは言うものの、沖縄県民の政府への不信感を残し、現行連立内閣の崩壊危機という事態が起きました。

多くの地政学上の観点上でも、現在の国際的な軍事的なバランスを考えても、今回の政府判断は対外的には一定の評価はあるようですが、国内の世論といえば、”平和ボケ”して緊張感のないマジョリティが政府批判や閣僚非難の格好の材料にしているという感じは否めないでしょう。

因みに「地球核力激震10年」に記述される内容で、2008年以降、日本でも反政府運動が勃発するとしており、2013年まではその序章的な範疇に留まるとあります。その意味では、今回の普天間基地移設問題は、日本における反政府運動の一種として見ることができるのかもしれませんね。
(中国では、このような反対運動は、政府によって取り締まれることでしょうが)

同書によれば、この日本における反政府運動は、2014年以降激化の一途としており、2033年までには爆発的な運動になるとしています。(聖徳太子の預言では、2030年頃人類滅亡とあるとか?)

そのような状況が具現化する背景として、日本国民全体が大変に厳しい環境におかれていることが想像されます。例えば、ギリシアでの暴動騒ぎのようなことが日本でも起こるということなのかもしれませんね。

また、同書によれば、日本の政界が安定するのは2011年としており、2極化した新政党の出現があるとされており、
民主の再編、自民消滅、野党再編とか巷のスポーツ新聞にでも記事にされるようなことがありそうな感じです。

同書の記述は、よく現実化してくるというのが個人的な感想です。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >