スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASAの警告発令!2013年、超大型太陽嵐が地球を襲うと。

NASAが、2013年頃に地球を超大型太陽嵐を襲う可能性があると警告しています。

これは、太陽の磁場エネルギーが22年周期でピークを迎え、一方、黒点の数、つまり太陽フレアは11年周期で最高となっていますが、このピークが丁度重なるのが2013年頃とされるからです。

NASAによれば、この超大型太陽嵐は地球を稲妻の如く襲い、何らの防備体制が取られなければ現在の文明社会に莫大な被害を及ぼすだろうと危惧されています。

その被害とは、以下が容易にあげられます。

(1)電力網破壊による地域的な大停電発生
(2)強力な電磁波による大規模な通信障害の発生
(3)人工衛星の機能停止
(4)飛行規制
(5)コンピューター故障
(6)金融システムの崩壊

これらのどれ一つ起きても、現代社会においてはただならぬ異常事態ですが、これらが全部起きるようだと現在の人類文明は瀕死の状態になるでしょう。

また、この大災害からの復興は想像を絶するものがあると思われます。

これらの被害をいかに少なくできるかしか人類には残された道はなく、地下の安全な施設でバックアプ電源を使って生き残るが関の山なのでしょうかね。

ある陰謀説では、この事態を想定して米国などでは、巨大な地下トンネルの建造されており、既に一部の施設は使用されているとはありますがね。?

NASAが秘匿にしているとされている惑星Xが太陽系に接近することで、この超大型太陽嵐はさらに強大なものになるともされているようです。

聖徳太子の預言にも、異常な太陽活動が人類滅亡の前にあるとする示唆する内容がありそうですね。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >