スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年、尖閣諸島を巡る国境紛争激化?

尖閣諸島水域で日本国艦艇に衝突した中国漁船の船長が、中国政府の要求通りに釈放された今回の一件は、現在の日本政府のこの種の領土問題に関する見識の甘さを世界中に露呈することになったところで落着するどころか、中国政府からの賠償請求と日本国政府の拒否という対立構造を現出することになってしまったようですね。

この尖閣諸島を巡る国境紛争については、聖書の暗号解読をした研究家の著書によれば、2011年頃から利害調整が必要な国とされる中国や台湾との交渉が難航し、第3次世界大戦あるいは第4次世界大戦に繋がる地域的な軍事紛争があると聖書の暗号には示されているとのこと。この危機は2015年位までは続くとされているとのこと。

つまり、2011~2015年にかけて、豊富な海底資源があると考えられている同海域の実行支配に絡む高い緊張が今後も続くということですね。

中国の経済発展に依存した日本国の経済回復が続くかぎり、今回のようなレアアース禁輸措置など頻繁に起こることになるということですね。(笑)
(白樺ガス井も日本政府の意向は本質的な面では、無視された状態にあるという感じなのでしょうか。)

いずれにしても、今度の一件は、その始まりにすぎないのでしょうが、聖書の暗号解読結果のような第三次世界大戦(中近東付近が早いのでは?)とか第4次世界大戦(第三次世界大戦がある地域限定紛争であれば、想定は可能?)が起きるのは極力避けてもらいたいものですね。

因みに、同暗号解読の研究書では、2010年以降、日本に大地震が発生し、石油やガスの輸入も出来なくなり、現在のような消費型経済モデルが崩壊し、江戸時代のような農耕を中心とした経済構造へのシフトが進むとも記されています。

そのような時代にうまく適合できる人間のみが、結果として聖徳太子が末法の日本を襲うとする各種災禍を生き残るという大型恐竜の絶滅のような自然淘汰のときが遠からずやってくるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >