スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮のウラン濃縮施設稼動の示唆する稀有的な危機とは。

北朝鮮でも、最新式のウラン濃縮施設の存在が報道されています。米国もこの事実確認については戸惑いを示しているようですね。すでに、同胞?イランもウラン濃縮施設を稼動させてきています。両国とも、このままいけば、核兵器用燃料の確保は時間の問題とも危惧する一部の関係者の見解があるようですが。
このような核開発施設が、いつの間に建造されたのでしょうかね。

ここで、懸念されることは、北朝鮮の核ミサイルよりはイランの核ミサイルなのかもしれませね。イランとイスラエルは、一発即発の危機的な状況?が続いており、イスラエルはイースト地区での居住地建設をやめる気配はないようですね。本件にケリがつかない限り、同地区の平和交渉はないと見られています。

既に、ロシアもイランの核攻撃の現実性を認めたのでしょうか、これまで欧州地区でのNATOによるミサイル防衛システム構想への参画を表明しています。


因みに、宇宙人と話したとかいう人の本によれば、イランとイスラエルが本当に戦争すると、イランが勝ち、イスラエルは消滅するとのこと?
(イランのミサイル攻撃は、イスラエルの防空能力を超えたもので、核搭載となれば、同国への壊滅的な損害を与えることができるという意味合いなのでしょうか?)

仮にこれを起こりうる条件とすると、第5次中東戦争の解決に向けて、イスラエルには某連合軍勢力が進駐するということになります。ダニエル書によれば、この期間は2ヶ月(3年半)とされているようで、2013年には北の王ゴク(ロシア?)と同連合軍とのアルマゲドン(第三次世界大戦)がおこるということは次の展開として想像できるのかもしれませんが。

なお、アルマゲドンは、第三神殿が建立されたあとに起こるとされています。
(現在、その神殿が建つとされるところには、他の建物(岩のドーム)が立っています。)

とにもかくにも、北朝鮮で製造された核弾頭が、イランの中距離ミサイルに搭載されるという事態は想像もしたくもありませんが。

一方、北朝鮮が本日、韓国への激しい挑発的な攻撃をかけ、韓国軍に死傷者がでたと報道されています。

かねてより、同国の後継者は強い軍部の後ろ盾があると見られてきたようです。今回の攻撃実施の背景には、その辺の事情が関係しているのかもしれませんね。?

いずれにせよ、これ以上の事態の悪化は避けたいものです。
(有事のドル買いで、円安加速はあるのでしょうか?)



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >