スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星X接近は疑いなしか?

NASAの報道によれば、太陽に突進する彗星群がNASAの太陽観測衛星SOHOによって頻繁に観測されており、一部の天文学者は、巨大な彗星が太陽に接近する前兆ではないかと推測していると考えているとのこと。

巨大な彗星といえば、つい惑星X(ニビル惑星)を思いついてしまうのですが、NASAとしては、このNOXと呼ばれる地球の約2倍の質量をもつ太陽系第10番惑星としているとのこと。

仮に、これが本当に惑星Xの接近の兆候とすれば、2011年の中ごろまでには、大きな気象異常、大型地震の連続的な発生、強力な太陽嵐に地球がさらされることになるとする説があります。

南半球に現在発生している大雨や北半球の大寒波がこれによるものではないかと考えるのは、現時点では無理なことかもしれませんが。

この惑星X接近説では、2011年5月21日以降、強い太陽嵐が地球を襲い始めるとし、2012年12月21日にはそのピークに至るとしています。

この説によれば、2013年2月14日には、超特大の太陽嵐により、地表が紅蓮の炎に焼かれるとされるのです。
地下シェルターにいない限り、生存できない状況となる。

この地下シェルターは、すでに各国で「惑星X計画」と称され、すでに建設がすすめられているとのこと。但し、これに避難できる人は、すでに決められており、多くの人は見捨てらるとのこと。

日月神示では、地球建て替えのとき、人口が1/3になるとの件があるが、この惑星Xの接近は確かに短期間で人類総人口の7割を削減可能とする宇宙の意思であることは否定できないかもしれないとも思います。

仮にこの災禍を生き残っても、地下シェルターの避難組とその他のサバイバル組による本当のアルマゲドンがあるかもしれませんね。(笑)

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これ貼っとくわ

No.4754 この問題解決しないと 投稿者:宅急便 投稿日:2008/01/30(Wed) 01:03

これを論破してから浮遊物体Xのことのたまうんだよ!金銀ちゃん!

2ちゃんねるで科学的に検証された方が居ましたのでその内容をお借りしてきました。以下がその内容です。


(^_^) ちょっとポールシフトを力学的に計算してみた。

必要なエネルギーは、おおよそ1.6×10^30ジュールで、直径約1600km(地球の10分の1)の
天体衝突クラス(秒速20km衝突換算)になってもーたwwwww


>89 :金と銀:2006/01/10(火) 05:43:42
実験ー二つの磁石を用意 一つの磁石計と小さな磁石を二つが反応しあう距離に置く
②磁石計を固定子もう一つの磁石を下から斜めに接近させる、磁石計の針はどう動くか
試すのに価値あり。
ポールシフトの原理ーコアは惑星Xの磁気に反応し95度回転し、地殻も引きずられ、
95度回転する、
惑星Xが去るコアは元に戻る、しかし地殻は戻らない。



(^_^) >>89のメカニズムをベースに、惑星Xによるポールシフトについて力学、電磁気学的に計算してみました。

地球の外核が磁力によって傾き、それに引きずられてマントル層が動いてポールシフトが生じる
と仮定した場合、最大3mm程度しか移動しないという計算結果となります。
これ以上移動するような磁力を外部から与えた場合、惑星Xの磁場によって地球の外核で誘導電流が
発生し、"磁気的"なポールシフトが引き起こされ、これ以上外核が傾かないためです。

なお、上記の現象を無視し磁気的なポールシフトが起こらないと仮定して計算したところ、ポールシフトに
必要な磁力は数万テスラ(仮定で60000テスラ)という結果となります。


>136 :金と銀:2006/03/24(金) 00:30:20
★地磁気の逆転は滑った地殻に刻印されるーポールシフトの前、後に
それでなんの証明にならない。例えば今度北極がブラジル沖に移動したら、どう時事奇は刻印されるか、
シュミレーションしたら。

<来地球と同じぐらいの大きさの惑星が上手い角度で猛スピードでぶつかっていたら話は別だが
★惑星Xは地球の直径で四倍 、質量23倍だ、1400万マイルまで接近するーどう?
これでも不足??
今地球規模の異変が進行中だ。



(^_^) また、>>136によると、惑星Xは再接近時1400万マイル(2240万km)まで接近するとされていますが、
2240万kmで地球上での磁力が数万テスラというのは、人類が観測している範囲で最強の磁力を持つ天体、
マグネターと呼ばれる中性子星のおおよそ100万倍に相当します。
このような星が太陽近傍を周回していたら、太陽系全体が惑星Xの磁気圏に覆われることになり、地球どころか
太陽にさえ甚大な影響を及ぼすことが予想されます。
例えば、太陽から上がってきたプロミネンス等のほとんどのガスが、磁力によって惑星Xに引き寄せられる、等です。
当然、シンクロトロン放射によりガンマ線が放射されるため、惑星Xは容易に観測できます。
次に、数万テスラの磁力でどのようなことが起こるかをわりやすく表現してみます。
水は磁力に反発する性質があり、おおよそ30テスラの磁力で地球の重力に打ち勝つため、数万テスラに達する
遥か以前に、地球上にある海水の大半が大気圏外に飛び出してしまうと考えられます。
>>136より、惑星Xが地球に再接近する5~6年前、約10億kmの距離まで接近した時点で、地球上での磁力は
30テスラに達し海水が大気圏外へと飛び出すため、人類どころか地球上の全生命体は完全に滅亡するもの
と予想されます。


>263 :金と銀:2006/07/17(月) 06:38:05
ポールシフトはゼータトークによると2012年前に起ると
、私個人は成り行きから判断すると、2009-10年位かなぁ
★今から起きること

火球、赤いチリの降下→「三日間の暗闇」→六日間の「西からの日の出」
→地球の自転停止→ポールシフトです。
それまでに噴火、地震が激しくなります、いやなっています。
ポールシフト掲示板に最近の噴火のせました。

スペースシャトルの帰還で事故がおこりそうー何故なら惑星Xの位置と
軌道データを持ち帰るから、勿論大衆には知らせない。ゼータ達はエリ
ート達だけでこの情報を使用し、戒厳令を敷き、大衆を閉じ込めるつも
り、FEMAは収容所を全米各地に作っている。

 イスタブリッシュメント(超エリート達)は、ブッシュ政権をつぶして
から発表しそう。
メディアで議論が始まるように仕向けるつもり。今ブッシュ政権は選挙
で投票数をごまかし2度大統領になったーイスタブリッシュメントの指
示に反抗してね。それで今つぶされかかっている。



(^_^) >>263によると、惑星Xは2012年に再接近するらしいので、2007年現在、地球上の海水は惑星Xの磁場で
完全に消滅しているはずですwwwww

>187 :金と銀:2006/05/01(月) 00:54:16

火山のそばに埋められるオリーの木は、歴史を修正します
By Ker Than LiveScience Staff Writer posted: 27 April 2006 02:02 pm ET
★★ゼータトークはまた正しかった
ゼータによれば惑星Xの周期は平均3657年
今回のポールシフトがAD2008とすれば3657年前は、★★BC1649年になる
★紀元前1600年と紀元前1660年の間におさまる


何世紀もの間火山灰に埋まっていたオリーブの枝の発見は、科学者がこの10,000年で最も強力な火山噴火のうちの1つの日づけを正確に指摘するのに役立っています。

発見は、考古学者に後期青銅器時代の間に地中海にあった文明の歴史の変遷を修正することを強制します。

伝統的に、取引していて、お互いに影響していたと考えられる文化が、実は異なる時間に存在したかもしれませんでした。

古代の噴火 およそ3,500年前、ギリシア人の火山テラ島

テラ火山が煙柱と石を高さ23マイルまで吹き上げ、中国、グリーンランド、西米国まで灰を送った、そのようなパワーで噴火しました。

爆発も、それが激突した高さ40フィートの津波を誘発しましたほぼ70マイルは、離れて クレタ島、そして、たぶん、その有名なミノア文明の失墜に関与しました。
>517 :金と銀:2007/03/04(日) 06:28:26
★ポールシフトの平均周期3657年と弥勒との関係

 古代ユダヤ人は、その時代のエジプト人が知っていたように、惑星Xの
周期的な通過について知っていた。惑星Xは多くの異なる名前で知られ
ており、聖書では「主」The Lord、シュメール語ではニビルNiburuだ。

惑星Xの軌道は3,657年だが、古代シュメールでは360の数をSharとし
てサイクルを文書化した。Sharは天文系の基礎であり、360度が地平線
の尺度であり、完全な球だ。このように360という数は、シツチン
Sitchenがニビルの軌道周期として報告している3,600や私達のもっと
正確な数である3,657年を特定していなくても、惑星Xの軌道と周期的
な通過に関連することができる。

 ミロクの、3と6と9の数は何を意味するか?
移動してきたユダヤの失われた部族が中継したかったものの正確な意
味が失われたが、それらは、Sharの360が関連させるのと同じやり方
で、Niburuの軌道周期に関連している。より正確な数が3,657である
とき、Sharが3,600と解釈されたとすれば、日本のSharの369は私達
の数の3,657により近い!



(^_^) ちなみに、>>187,517によると惑星Xの公転周期は3657年とされておりますが、この場合遠日点における
地球上の磁力は地磁気の100倍以上。磁気カードやフロッピーディスクのデータが完全に消去される
ほどの磁力となり、地球上に磁気で情報を記録する文明は発生しません。www

>74 :金と銀:2005/12/07(水) 06:06:05
ポールシフト ここを読んだら→http://www.saturn.dti.ne.jp/survival/
惑星Xが接近中、2,3年後に起こるよ、対策いいろいろ、
米国ロシアは広大なシェルターを作っている 入れるのはエリートのみ。


(^_^) なお、>>74のようにいくらシェルターを用意しても、人体中の水分が惑星Xの磁場に作用して体重の1万倍の力で
跳ね飛ばされるため、シェルターに避難しても無駄です。
シェルターを鉄板で包んで磁気シールドを作ったとしても、惑星X接近による誘導電流で鉄板が加熱され
おそらくメルトダウンして焼け死ぬことになるでしょうwwwwwwww

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >