スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でも火山活動が今後増えてくるかどうか?

今週は、霧島連山の新燃岳が52年ぶりに噴火しており、1959年の爆発より大きなものとのことですね。
専門家筋では、今回の爆発はマグマ噴火とする考えもでているようです。つまり、地殻内のマグマ圧が上がっているということなのでしょうか。

昨年より東南アジアの火山噴火が報道されていましたが、ついに日本でも火山活動が本格する状態に陥ったようですね。

2011年になれば、本当に惑星Xが太陽系に接近してくる場合は、大規模な火山活動が増加するとする説がありますが、今回の噴火がその兆しを示すものかどうか気になるところではあります。

仮にそうであれば、2012年にはイエローストーンが爆発するのではないかとも同説では懸念しています。

因みに富士山がいつ爆発するかは諸説が飛び交っています。

2013年には、超大型地震の発生を懸念する予言もありますが、確かに惑星Xの接近説ではこの頃には世界中で大規模な火山活動による核の冬が発生しているともしています。

そういう点からすれば、2013年迄には、トバ湖や富士山が爆発しても不思議ではないということなのでしょう。

因みに、HAARPはここ暫くは大きな出力変動は確認されていなかったようですが。

話は変わりますが、日本国債の格付けがAA-と引き下げられたことをIMFの圧力だとか国際金融資本の陰謀など揶揄する話も巷ではあるようです。確かに、S&P社のある米国債はいまの米国と米ドルを持ってしても世界一安全な国債となっています。日本の国債の90%以上が国内取引であるという点では、確かに釈然としない判断かもしれませんね。

増税の為の大口実になっているのですから、だれがS&P社に相談したのでしょうか?(笑)

そうは言うものの、1984年臨死体験をしたネッド氏の見た近未来ビジョンの中には、2008年起きたリーマンショック、9.11同時多発テロがあるとされており、この中には、米国政府が累積債務によって破産する。米軍基地は自然災害により破壊される。戦闘能力と国防力を失い、外国の軍隊、特に中国の侵略にさらされるとの内容があるとのこと。

これが、現実化する可能性は極めて高い状況にあることは否定できない今日日の中国の軍事力強化があるようですね。

この点に関しては、米国が中国に直接的な攻撃を受けることより、日本にある米軍基地が大きな自然災害で使用できないような状況がイメージしやすいかもしれません。

つまり、日本が大規模な震災や火山噴火にあうようなとき、中国は日本を救援するのではなく侵略してくるという恐ろしい話になってしまいます。これは、日月神示にもこのような話はあるようですが。(八つ裂き?)

聖徳太子の予言には、日本が没落すれば、蒙古の襲来を受けることになるとする件があり、今まさにその時でないことを願いたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >