スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の原発事故はいつになったら収束するのか。

東日本大地震が起きて、はや二週間が過ぎました。
本地震の極めてクリティカルな二次災害となった福島の原発事故も、関係者の多くの努力と犠牲を払いながらも、まだまだ解決の目途が立たないという内容の報道が多い状況です。厳しい状況が続いていますね。
現実、水道水や農作物の核汚染が日常的な出来事になってきており、クリアな水の需要がパニック的な上昇を示す今日日です。
外資系企業の外国人スタッフのほとんどが、すでに、日本から避難するか、関西方面へ移動しているという話もよく聞きます。
このような状況で、この大地震発生前と同じような気分で生活するのは、被災地でなくても、計画停電下の関東域で居住される方は難しく状態ではないでしょうか。
そうはいうものの、今回の国難を日本国民がいかに乗り切れるかはこれからが本当の正念場となりそうですね。

今回の地震で明確なリスクと認識されたことは、地震・津波・原発事故というコンピネーションが現実的に起こるということであり、本地震が発生する前から一部の見識者から指摘されていた浜岡原発は、東海大地震が発生した場合は今回のような放射能漏れという事故を回避できるのか本当に懸念されるところではあります。

この東海大地震は、2006年時点で今後30年以内に発生する確率は、政府関係機関によれば87%とされています。

東海・東南海・南海域での地震が連動するのではないかとも懸念されており、今回の東日本大地震の被害状況をみれば、その被害は想像を絶することは間違いありまんせね。

このような地震が起きないことを願うしかありませんが、90%近い発生確率はそれなりの覚悟が必要ということのでしょう。

3/18に関東地区で地震雲といれる宏観異常があったとされており、そのすべてが富士山方向に向かっていたという記事がありました。これが、富士山の爆発予兆だとか煽るようなコメントがあるようです。

これが、本当かどうかは爆発してみなければわからないですからね。(笑)

因みに、今回の福島の原発事故は、聖徳太子の予言「未来記」では、第7章の第三節にある、三者大火難にあたるのかもしれません。(津波による被災地で発生した大火災もあわせて。)

また、今回の原発事故を予言していたと個人的には思っています「地球核力激震10年」の内容に、今年3月にその兆候が出て、今年9月にはその結論がでるという表現がある。

今月始まったことは、NATOによるリビア空爆、そしてこの大地震と原発事故があります。

さらに、気になる内容として、2012年には水脈汚染の危機とされ、すでに都内の水道水への微量の核汚染があるのですから、もっと悪化するのでがないかとも心配になってしまうのは心配症でしょうか。

同書では、2013年に大型地震の脅威とありますから、それまでは当面は大きな地震はないとものと考えたいものですね。(笑)

そうはいうものの、惑星X接近説では、2011年に中ごろまでには、地球上で記録的な大地震が多数おこるのではないかとしています。3/24には、ミャンマーでM6.8の地震が起きており、NZでの地震もあり、今年も地震の多い年であるのは否めない感があります。

とにもかくにも、早く福島の原発事故は解決してもらいたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >