スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる米国TVトークショーの内容

今回の福島原発事故による放射性セシウムの排出量は、広島に投下された原爆で換算すると168回分に相当するとの報道がされています。

最近、国内では福島原発事故の報道が発生当初に比べてかなり少なくなってきており、日本国民がそうであって欲しいと願っている方向に進んでいるのだと思わざる得ない状況ですね。

一方、米国のあるTVのトークショー(Hartmann)でつい最近、福島原発事故はいわゆるチャイナシンドロームになっているのではないかという話題があったようです。この中で、福島原発事故現場の作業員が、友人にあてたメールを紹介していました。その主な内容は、以下の通り。

地割れのようなところから、水蒸気が噴き上げていて、周囲が何も見えない状態になっている。風向きに気を付けて下さい。

同番組では、これはメルトスルーという状態で、核燃料が核施設のコンクリートを突き抜けて地下水脈へ接近しているような状態ではないかと説明がされており、福島原発事故がより深刻な事態に陥っているのではないかとの懸念を示しているようです。

この番組にて紹介された原発事故現場の作業員のメールが、本当に存在したかどうかは確かめようのないことですから、この番組で話しているような事態であるかどうかは、極めて信憑性の低い想像としか捉えることができないでしょう。

しかしながら、こういうTV番組が米国で流れたのは事実ではあります。

福島原発からの粒子拡散シミレーションモデルを提供をしてくれたドイツ気象協会もそのサービスをやめていますし、風向きに気を付けるのも容易ではなくなっている状況ですから、この番組で出たような現実はないと願いたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >