スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から2013年突入となります。

マヤ歴で人類滅亡が巷で少し話題になった2012年もあと12時間程度となりました。

今年がどのような年だったとか評する番組を見る機会もここ数日多いのですが、当然ながら、経済面で好転するかどうかが話題の中核をなしているようですね。

来年がどのような年になるかは、気になるところではあります。

陰陽道の180年歴による「地球核力激震10年」という広く知られている?という本の2013年世相は、以下の感じです。

1)超大型地震の発生懸念
2)2004年から始まる10年期の終年となり、ドラスチックな展開で終焉する。
3)2013/10から次の10年期にむけて希望の光が見える
4)2013年は、明治以降で歴史に残る社会変動、天変地異が記録される年となる。

危ない期間は、7/7~10/7(天変地異、地震など)、3/4~4/4(パンデミック)とされています。

これが、どの程度具現化しているか評価するのは来年の今頃となりますが、超大型地震(南海、東南海、東海 および首都直下型地震)とか天変地異(富士山爆発やポールシフトとか)がおこればそれどころではないでしょうが。(笑)

日月神示では、以下が正念場とされているそうです。

Case A: 2003年から2012年
Case B:  1999年から2018年

因みに聖書の暗号を解読された方の著書によれば、「地震」「東京」「1999年」「2018年迄」と検索結果でるとのこと。

来年から2018年にかけて首都圏直下型地震が起こるのでは気になるところです。首都圏直下型地震に誘発されて富士山も爆発するとかその逆だとか諸説はありますが、Case Aは、何と逃げ切れた?感はありますが、Case Bであればまさにクライマックス的なポジションとなっている感もあります。

本当に惑星X(二ビル)が予定通り太陽に接近しているとすれば、2013年2月14日が最も危険な状況が人類に与えられるとか。火山噴火、大地震、大停電、通信網崩壊、地球大気での有毒ガス発生など。本当にそうなれば、覚悟するしかありません。その時は、数か月分の食糧をもって地下へ避難するしかないようですね。

いずれにしても、2013年は良き年になることを願いたいものです。

2013の第四半期になれば、景気回復、デフレ脱却とかなることを期待したいものですね。



スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >