スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国トップエコノミストによれば。

ワシントン紙によると、米国エコノミストの9割以上が、景気回復には凸凹がありそうだが、本年末にはこの不景気は底をつくと見ているようです。

実質的に2007年12月に始まったこの不景気を予測したエコノミストの74%が、第三四半期(9月末)には不景気の底はつくと見ているようです。

7%近くの方は、2010年3月ぐらいまでかかるとのこと。

そうはいうものの、2010年の6月までに失業率は10.7%に達すると考えられているとのこと。

不景気の進行は止まるようですが、そこに至る過程で多くの資産が毀損し、いわゆるV字型回復は今の米国には期待できないと見る向きが多いようです。

つまり、米国の景気回復へ依存した日本の景気回復はその先にあるということで、2013年頃まで現状が続くという経済本も全く無視はできないのかもしれません。

新型車が全部ハイブリッドになったら、バッテリー屋さんは大儲けですが、中古車屋さんは不良在庫の山をこれから仕入れることになるのかな。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >