スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン制裁の現実性?

米財務長官が、米国債営業にイギリス、フランスそして中東方面にお出かけになるとの記事があった。

中国が、米ドルへの不信を今回のG8で明確に主張している状況ですから。

この際に、イランへの核問題を話題にするような感じですが、イスラエルへの配慮が主な目的なのでしょうか。

イスラエルは、前ブッシュ大統領時代に了承されたウェスト・バンク地域への2500個の住居を建設中ですが、オバマ政権になり中止するように要請されているという状況にあります。

この住居建設は、イスラエルの法のもとでは、中止することができないとされています。

パレスチナ問題に関しては、現在、イスラエルと米国ではかってのような協調性がないような雰囲気ですね

イランに対するイスラエルの核に関する不安は、解消される方向には未だない状況ですから、今回、イラン制裁という話題が必要なのでしょうか。

今回の北朝鮮のミサイル発射実験?で、その命中率が相当に改善していることが確認されているようですが、その技術を導入した国がイランであるとすれば、イスラエルの不安は現実化しないというのが非現実ということになるのでしょうか

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガディア

Author:アガディア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チェック!
Google Adsense
Google AdSense link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ
格安航空券
お得な旅
Blog ranking
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); >